328667
楽書館BBS

楽書館掲示板


[楽書館サイトに戻る]
[留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
ホームページURL
投稿キー (投稿時 を左空欄に入力してください)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

SF大賞・最終候補作 投稿者:る、 投稿日:2017/02/07(Tue) 07:59 No.26166  
「第37回日本SF大賞・最終候補作が決定しました!」
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20161226234600.html#QA7ltrf.twitter_tweet_count_no_m
2017年2月25日(土)に結果発表があるようです。

※おお、白井弓子さんが・・・。


Re: SF大賞・最終候補作 る、 - 2017/02/27(Mon) 06:27 No.26289  

結果!
大賞『WOMBS(ウームズ)』白井弓子(小学館)
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/decision37.html

雑誌連載、途中から描きおろし単行本で・・・時間がかかってしまった作品でのようですが、作品はちゃんと完成させなきゃいけませんね。良かった良かった。


贈賞式レポート る、 - 2017/04/26(Wed) 20:46 No.26692  

◎『第三十七回日本SF大賞贈賞式』潜入レポート(笑)
・・・SF坦_蔦屋書店熊本三年坂さんのTwitter
https://twitter.com/3nen_sf/status/856048534839111681

※勝手に紹介させていただきました。


山田雨月さん旅行中 投稿者:る、 投稿日:2017/04/06(Thu) 19:36 No.26536  
https://twitter.com/yamadauduki

※あらまぁ。


Twitter復旧 る、 - 2017/04/14(Fri) 13:41 No.26575  

https://twitter.com/kikimikikiki


【BATEIRA】展 投稿者:る、 投稿日:2017/02/13(Mon) 18:07 No.26202  
◆バロン吉元/寺田克也 バッテラ【BATEIRA】展
◎会 期:2017年3月18日(土)から4月23日(日)
◎時 間:(水・木・金・土) 14:00から21:00 (日・月) 11:00から18:00
    ※火曜休館
◎会 場:渋谷松濤/アツコバルー arts drinks talk
◎入場料:500円(1ドリンク付き)
http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2017/0318_4125.php

※バロン吉元初画集「バロン吉元 画侠伝」3月17日発売予定!!
http://www.to-ti.in/product/?id=54


「きみの声をとどけたい」 投稿者:る、 投稿日:2017/04/03(Mon) 22:07 No.26513  
◇『きみの声をとどけたい』伊藤尚往監督(2017/8)
http://kimikoe.com/movie/

※青木俊直氏がキャラクターデザイン


らくがき帖23 投稿者:中島隆 投稿日:2017/03/25(Sat) 14:02 No.26456  
皆さんの楽書館の同人になったいきさつが面白いです。この同人誌ののびのび感の理由が良くわかります。「あっぷるこあ」の購読者名簿を今も持ってるんですが、そこに赤鉛筆で「楽書館」と書いていました。あの時からずっと続けて来られたんだと思い、凄いなあと感心しました。お聞きしたいことが沢山あるなあと思いました。次号大いに期待しています。


Re: らくがき帖23 る、 - 2017/03/25(Sat) 22:54 No.26457  

中島さん、書き込みどうもありがとうございます。

続けているというか、今は新しい本が出来ないでいるので、なんとも恐縮して敷いまいます。活動も飛び飛びではありますが、継続は力だ・・・ということを念頭に力を蓄えたいものです(^_^;)。

「あっぷる・こあ」は「COM」なき後、焦燥感に陥らず、漫画環境の新鮮な部分を継続させていただいた本だったと思います(その後「漫波」〜「ぱふ」や「ふしぎな仲間たち」とか)。
どんどん過去の記憶が怪しくなってきていますが、よろしくお願いします。(水野)


Re: らくがき帖23 中島隆 - 2017/03/29(Wed) 11:40 No.26477  

「あっぷるこあ」に良い評価をして頂いて、うれしい限りです。継続はまさしく力です。僕は続けられませんでしたが、同世代の多くの方が継続される一助になれていたとしたら、これに勝ることはありません。るてんさんは住所を覚えていました。山北美砂子さんは、珍しい名字なので名前で憶えていました。本当に素晴らしいと思います。また作品読ませていただきます。これからもよろしく。

| | 11 | 12 |

NO: PASS:
2003-2006(c)Rakugakikan

- KENT -