miyazaki
◆『風の谷のナウシカ①〜⑦完結』宮崎駿(1982〜1995)
今更ですが、ラジオで震災後読むと違う見方で読めるよと、言っている方がいたので読み返しました。1冊のページ数は少ないのですが掲載誌「アニメージュ」が大きなサイズだったので、1pのコマ数は多く絵で見せていくマンガなのに読み応え充分。今なら1pが2p分の分量だろう。だからでしょう。このサイズより小さい版では出版されていない(これよりおおきい「アニメージュ」サイズで出てるんでしたっけね?)。このサイズのみとおいうのはほかには大友さんの「アキラ」くらいか。マンガは大きいサイズのほうが効果的だと思うが、と入ってもこの作品1p1コマとか見開きとかまったくなく、画面構成としては、節約型?でもっと効果的な見せ方もあったのではと思うが、そんな奇をてらった方法は無用だったんでしょうか。
知らない人はいないかと思いますがアニメとは随分違う話なので読んだことのない方はオススメです。今も手軽に手に入ると思います。何年ぶりにか読み返しましたが(アニメは何度も見てるんですけど)、掲載誌「アニメ頃のことを思い出します。