semi
足元でバサバサ。セミだった。手にとって見ると羽根が伸びきっていない。
子供の頃、家の中で幼虫を成虫にさせようと、空き缶に土を詰めその中に幼虫を入れて木の棒を立てた。朝起きてみると、成虫になったセミが棒にとまっている。家の中だったせいか、日が当たらなかったのか羽根は伸びきっていなかった。悪いことをしたと罪の意識。
そんなことを思い出す伸びきっていない羽根の飛べない蝉を思い出した。
そっと気に置いてやる・・・。