igarashi「SARU(上巻)」(小学館2010)
巨大な猿が出てくるお話のようで、おっ怪獣マンガ(笑)。そういうつもりで読んでる訳じゃないけど期待以上の下巻(6月末発行予定)になることを・・・と、楽しみにしてます。
五十嵐さんは「はなしっぱなし」から読んでますけど、自然・空気感・異形風味とすばらしいですね。それだけで買ってしまう。
伊坂幸太郎さんとの競作企画ということで「SOSの猿」という小説が中央公論新社から出ているのですね。この競作というのがどのようなものか今一つわからないので読んでみなくては。伊坂さんは最近では当たり外れのない読後満足度の高い作家さんなので安心して買えます。