kasihon
◆『斑鳩鉄平(1963.9.28 OP』永島慎二(「大和小伝」掲載/さいとうプロ 1963.10.15刊)
新時代劇画と銘打って、描かれたゲキガ。この〈新〉というのは、見せ方が新しいということなのか・・・何にしろ画面作りが上手いとおmってしまう。永島さんはアクションマンガ(劇画)も描かれているけれど貸本時代の絵が好きだなあ。当時は変な絵と思っていたけれど、それが斬新だったのだろう。この作品を含めた短篇集「首」だっけ、サンコミックス(朝日ソノラマ)から出ていたような。読みかえしたい。表現としての永島さんの時代物もっと見たかった。