ogiwara
◆『異本太閤記』荻原賢次(若木書房1958)※B6判100本文96p100円
若木書房って、少女マンガの貸本向けの出版社かと思っていたけれど、こういったコマ漫画(タイトル入れて10コマ)の作品も書籍化していたんですね。昔のマンガなので面白く読めるかな、と思っていたけれど面白かった(時代物/まげものだからか)。タイトル通り秀吉(子供時代)の話。荻原賢次という方は、昔の大人雑誌とかよく見かける漫画家で、漫画家全集などでは、登場する人だけれど単行本とか少なそう。
貸本レシート?が剥がされていたので、貸本でも流れていたようですね。