b.d.⇐「アトム」は新書判サイズとの比較。
鵜野孝紀さんのTwitterから
https://twitter.com/unason/status/1134610624409767936
フランス語読めないので、その理由は?とか思ってしまうんですけれど。
繊細で緻密、描くの大変だとは思いますが・・・。

◆「Nogegon」リュック+フランソワ・スクイテン(仏1990年)
※バンド・デシネの基本はこの本のような大きなサイズでしょうか。どちらかと言えば絵本に近い本を広げて、日本の単行本コミックよりちょっと目線を離して読むことはマンガを読む感覚ではないですね。この大きなサイズであるがゆえに広がりのある絵が見られる。日本でも邦訳されているけれど、同じサイズで出して欲しいと思う次第。

※今一番出されているマンガ本のサイズってどのサイズなんだろう。イメージだと新書判だけれど、絵の描き込みやら青年誌とか増えて大きいサイズの出版がが多いような気もしてくる・・・。