karaa
キャラクター本、というジャンルがあるそうで、そのオリジナルキャラ作品。
「ラブラブランブータン」(アオキトシナオ・作)2008・12・12発行 と「エレ・フアンとリリ」(木月すみよし・作)2009・3・6発行。共にメディアファクトリー発行の変形カラー本。最近はパソコンの普及で色付けを手軽に出来ると思いますが、カラーは印刷に負担が多そうで需要の方はどうなんだろうと思ったり。東本昌平さんのパーソナルマガジ「HALMAN」など見てるとカラー本とか出しやすくなってるんでしょうか。
アオキさんの本はマンガ(ランブータンは妄想恋愛暴走少女)、木月さんは絵本(エレ・フワンは大切なことを思い出させてくれる技を持つ癒しのキャラ)といった体裁ですが、そんなことは気にすることもないでしょうが書店でどこの売り場に置かれるのか探すのが大変かもしれませんね(笑)。世間には多くのキャラクターが存在してますけど、世間を知らない僕としては、これって既製のキャラのマンガ化絵本化したものかと思ってしまった。2作品ともそれぞれ面白かったです。
シリーズ化と言うわけではないみたいですけど、このサイズで、いろいろ新しい描き手の作品を見せていただきたいです。