utukusii
随分前に買って未見だったDVD(フェリーニは劇場で見てるけど)を見た(別に2作が関係ないけど)。
◆『そして船は行く』フェデリコ・フェリーニ監督(伊/仏1983)
オールセットの映画です。登場人物の容姿がフェリーニだ。
1914年が舞台。葬送に向かう客船での話。
◆『ニュー・ワールド』テレンス・マリック監督(米2005)
オールロケの映画です(たぶん)。徹底した再現力がマリックだ。
1607年が舞台。ポカホンタスの話。

※面白かった。堪能しました。