nakamurabasi
・・・後4日!
見に行くのが随分遅くなってしまった。
「あしたのジョー」の連載時期に焦点を合わせてその時代(1967〜1973)の文化風俗を展示するという企画は面白いなあ。これって他の漫画でも出来ますよね(「アオイホノオ」、の時代1980年とか)。
思った以上に面白かった。
橋の下の段平ジムの立体も・・・ああそうだったんだよな、とか。
しりあがり寿さんのフキダシ映写でリング上を再現する部屋も、
力石の葬儀の遺影は誰が描いたんだろうととか。
新作でしょうか、いろんな人の新作のオマージュ作品とか。
反万博という流れもあったのか、とか。
面白く見てきました。
「あしたのジョー」初回の原稿とかも。リアルタイムで雑誌で読んでいるので新連載のカラー表紙はかっこ良く見えて印象深かった。ただ、上京してしまい後半は雑誌では読んでいないので印象は薄いのでコレを機に読み返して見たいものです。
◆『あしたのジョー、の時代展』
【会場】練馬区立美術館
【会期】~9月21日(日曜)
【観覧料】一般500円、
http://animation-nerima.jp/enjoy/tanbou/vol02/
※写真右
撮影許可OKの階段掲示。1階と2階が展示場。