20th
◆『20世紀エディトリアル・オデッセイ〜時代を作った雑誌たち〜』赤田祐一/ばるぼら共著(誠文堂新光社2014)
「アイデア」(誠文堂新光社)誌に連載された同タイトルの連載にコラム等加筆してまとめたもの。
雑誌はいきものだから面白いですよね。個人的に趣味に特化した本はそそられる。あまり詰め込みされていない創刊当時の「SFマガジン」とかシンプルな作りで好きです。特集、作品、コラム、評論、紹介、読者欄、広告・・・。自分の生まれたころ、それ以前の見る機会のなかった雑誌とかを古書で買って(最近では「漫画読本」「少女」とか)未知のものを眺めて楽しんでます。
・・・と、それはさておき、知らない範疇も多いのですが図版がいっぱいのカタログ巻満載の労作で楽しめます。ただ、老眼な僕には文字が小さいので、文章面はこつこつ読み進めたいと・・・(笑)。