numabukiro
ソメイヨシノは葉桜に、花壇の花は鮮やかに、空には薄い雲が流れている。
久しぶりに下駄を履いて散策してたら、鼻緒のあたりが擦って痛いのなんの、遠出もやめて足引きずって帰ってきました。