るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 254 | 255 | 256 || Next»
kaminohon
大型本の次は小型本を少し。
ミニ漫画、イラスト、詩画的なもの、パラパラ漫画など。
豆本というのは歴史ある携帯用出版形式だと思うけれど、大雑把に本格的豆本はともかくミニ本はページも少なく物足りなさとかで(装丁とか楽しむものでそれを言ってはおしまいか(^_^;))あまり持っていない。
でも紙の本ならではのパッケージだとは思う。
kaminohon
自費出版本中心。海外では大型のコミック本は多いように思いますが、日本では、なかなか漫画作品本は少ない。ここにあげたものの、エッセイや評論、イラストものが多い。
大きく見せたいのは、全体把握にわかりやすいとか、絵的には綺麗に見せたいとかを狙ってのことが出版理由だろう。でも、扱いにくさはありますけれど・・・。
デジタルに移行する中、紙の効果は大きさで利点を得ることができるのだろうか・・・それは見せ方にかかっているのか・・・さて。
※大島弓子さんの新書版「ダイエット」(角川書店)はサイズの比較のため。
soratohana
そして、今日も涼しい。平年以下?
平年通り過ぎていって欲しい。
ooyama
行くだけ行きました。
今回は、参加サークルも増えて、盛り上がっていたような変わらないような(^_^;)。
それにしても「MGM」はいつも天気が良い。

次回(MGM2.19)は2017/11/5(日)とのこと。
kaerimiti
毎月のサークルの集まりがあって、帰り道。
駅前で尺八を吹く女性がいたけれど・・・
それとは関係なく空には満月とはいえない月と雲がかかる。
そして、水面に映る月。良いカメラがほしいものだ・・・。
台風サンブー(15号)は、まだ、関東の東方を北上しているようだ。
しれにしても涼しくて気持ちいい。
kouenji
◆山田雨月個展『おかしのくに』
◎場所/ぽたかふぇ。(高円寺)
http://info.pottercafe.main.jp/?cid=5
◎日時/9/1(金)→9/13(水)(定休日木曜)
 営業時間/11:00〜21:00
※カフェなので、1オーダーが必要。
https://twitter.com/kikimikikiki/status/891962956153409539

※JR高円寺駅北口を降りて、阿佐ヶ谷方面に線路沿いに少し行くと右側に看板等見えてくる。
二階に上がると左手に入口。左が飲食スペース右がイベント展示スペース。
まだ、準備は完全に整っていず雨月さんは作業してました。
最終日までには、作品も増えていることでしょう。
のんびり食事とコーヒーとちょっと甘い系の絵を見て
プレゼントのランチョンマット(どなたも敷かないようで(^_^;))いただいて帰ってきました。
saisyou
日中、曇天。とっても涼しいけれど。
2satu
2冊「アメリカンコミック」を広げて表紙を見せたもの。あるいはグラフィックノベル?
「lucifer」という、「the SANDMAN」のスピン・オフらしい本。左の上下逆のページからは何が始まっているかと思ったら、DC系のCOMICSの紹介でした。
下は「HEROBEAR」という本でした。実は「ADVENTURE TIME」のつもりで買った(^_^;)。
ビニ本中古なので、中が分からなかったにしろ、本のシステムや言葉を知らないとミスってしまうという話ですけれど、悪くない内容だったし、新しい知識を得ることになったわけでミスってわけでもないのかな。
「HEROBEAR」は〈#1of 5〉とあるので、5冊出されるうちの1冊めということで、後に合本(単行本?)にまとまっているようですが、あちらの方はこの雑誌(?アメコミ)も買って合本も買うんだろうか。日本もこの形式やらないかな。同人誌で見かけないこともないけれど。
anime
◆『きみの声をとどけたい』伊藤尚往監督(2017)TOHOシネマズ 新宿にて
湘南、夏休み、ミニFM、言霊、女子高生・・・。
もう少し早く夏休み前に公開されたらなあ。そんな生徒さんたちに見てもらいたいような良い話でありました。僕はもう見守るだけで・・・(^_^;)。
グッズ色々売ってました。「トレーディング缶バッジ」というのがあって(写真は他でもらったポストカード)、出てきたのは夕ちゃん。文武両道のお嬢様。お蝶婦人的風貌でも良かったのに(^_^;)。彼女の愛すべきお祖父様のすがたも拝見したかったけど(でていたんならすいません)。ちょっとテレビ的な見やすさでしたので、ライト感覚でその後の他の彼女たちも見てみたい気もしました。
tonbo
暑くて行っていなかったのだけれど(距離的)、
久しぶりの公園に行ったら、トンボが群れで飛んでいた。
蝉も鳴いていた。蝶も舞っていた。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 254 | 255 | 256 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。