るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 234 | 235 | 236 || Next»
mantebiranji
◆『ビランジ39』2017/3/1
http://www8.plala.or.jp/otakeuch/index.html
◆『漫画の手帖73』2017/4/2

※取り敢えず、読み易いところからつまみ読み。最近富に視力が落ちて小さい字を読むのがしんどくなってきた。
五味洋子さんのアニメ記事は両方に載ってます。
noro
※以前UPした千明さんの「思い出の作品」に出てくる「まるみちゃん」というキャラを知らなかったので気になってて古本で見つけたので買ってみた。
http://rakugakikan.main.jp/nucleus/index.php?itemid=2590&catid=10

◆『まるみちゃん』野呂新平(集英社1959)「りぼん」付録。本文66p。
まるみちゃんは役人(岡っ引き?与力?)の娘。十手を持ったら日本一の捕物名人。この回の話は、仲良しの三ちゃんと若さまきんのすけらと怪盗七色こぞう相手にヒマラヤの雪男ヤティも絡んで事件の謎を解く。登場人物の行動が丁寧に描かれているので、わかりやすいようなわかりにくいような・・・(ミステリマンガは苦手な僕)。
帯のチャックの中には、写真機や十手が入っているようだしかんざしにはバックミラー、帯留めを押せば・・・色々ギミック付きの衣装のようでこういうのは楽しい。江戸深川が舞台で大岡越前とかも出てくるんですけれど、カメラが出てきたり、ガムや床屋の店構えも今風でかなり自由な表現も多く、マンガっぽさが面白い。
向かい読んでいれば印象に残った作品かもしれません。
作家については名前を知っているくらいで詳しいことは知りませんが、当時人気作だったのでしょうね。

この付録には、井上のぼる「おおかみ谷の少女」(48p)という短編も収録されている。無理解な村人にオオカミが化けていると間違えられて殺されてしまう少女の悲しい話。
neko
・・・右下はラベンダー ラッフルズというらしい。通り道の人様の鉢植え。

03/12: 散策0312

kouen
今日は暖かだったし、春近しという雰囲気で・・・。
道端の花の経過とか思って撮っていたけれど・・・。
いまひとつ見栄えがしなかった。

03/11: 2017.3.11

sansaku
公園で一服。古書店で買った大島弓子の短編「男性失格」(文庫版収録)を読む。

あの日、麻布十番から渋谷駅経由で中野駅まで歩いたんだなあ・・・と。
6年経った今、同じように歩けるんだろうかとふと思う。
sansaku
満月が近い?
紙飛行機・・・。

03/10: メビウス

anime
メビウス=ジャン・ジローの命日。没後もう5年経つのですね・・・ということで鑑賞。
◆『アルザック・ラプソディ』メビウス監督(2002TVシリーズ)
ちゃんとした邦訳ものは読んだことがなく、ビジュアルを楽しんでいる方です。ちゃんとした邦訳のでているようで・・・ジャン・ジロー名義の作品も読まなくてはと思っているんだけれど。
https://www.youtube.com/watch?v=3j52frBv4zg
見返してみて、原作は1975年のバンドデシネだそうですが今でも新鮮に感じました。今でも影響受けそうで(ずっと拒否してるんだけれど)新鮮に感じました。

そういえば興味深い本が邦訳されますね。
◇「メビウス博士とジル氏 二人の漫画家が語る創作の秘密」ヌマ・サドゥール (著), 原 正人 (翻訳)※小学館集英社プロダクション (2017/3/24)

03/09: 散策39

nakano
外は思ったより風もなく暖か。
◎桜は蕾。

◎中野ブロードウェイでお買い物。ギャラリーを覗く。
◆「魔法使いの嫁」(ヤマザキコレ)/「とつくにの少女」(ながべ) Alterna pixiv原画展
 2017/03/02(開催中) – 03/14まで。
 中野ブロードウェイ/pixiv-zingaro
http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/alternapixiv
※ココでの展示は、出力原稿が多いと思ったけれど、生原稿で良かったです。実は、お二人共読んだことが無い方なんですけれど、今度読んでみたい。

※中野ブロードウェイ3階「タコシェ」に『ちひろのお城』(千明初美)が入荷していた。

◎公園で一服。工事していたと思ったら可愛い滑り台。他の公園も工事してたので一斉に新しいものに取り替えてたんだね。
mizuki
今日は、水木サンのお誕生日。
妖怪がでそうな雰囲気で・・・。
ガシャポンハウス〈鬼太郎の家〉。

※因みに昨日のお誕生日のお絵かきアーチストの方には
1931年 - 井上洋介さん。
1940年 - 上村一夫さん。
1945年 - 林静一さん(お元気です。去年トークを聞きに行きました)。
・・・がいらっしゃいました。
yuuyake
寒い(平年通り?)。雨が降るとは思わなかった。
◎雀の集団が飛んでいたけれど撮り逃した。
◎夕焼けも映える時間がみじかく、シャッターチャンスは短い。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 234 | 235 | 236 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。