るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 251 | 252 | 253 || Next»
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
kaimono
今日も湿度がきついです。
のどがいがらっぽい。夏風邪か・・・。
この感じが熱中症の危険信号かなあ。
kakikata
◆『SFの書き方』アメリカSF作家協会/著、小隅 黎 /監 ・訳(講談社1984)©1982改訂版
SF作家になるための12項目のアドバイス。まだ半分ほどしか読んでいないけれど面白い。昔の本なので今に状況にあっているかわからないけれど〔時代はかわっていると思うし日本の出版状況とは違うだろうし)。
売り方とか、どんな作品づくりがいいかとか基本的なこととは思いましたが、それは大変なことで・・・SFを読む学ぶこと、だだひたすら書く、時間を無駄にしない・・・。僕は、SFはそんなに読んでこなかったし〔最近のものは全く読んでいない、というか読めない。映画とかビジュアルがついてくれば好きなんですけれど。
SF小説を書くわけでもないのですが、例題と挙げてある読んでいない昔のSF作品を読んでみたくなりましたけど。
たまにはこういうお勉強本?を読んでみるのもいいなと思う。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
kareki
枯れ木かと思えばどっこい生きている。

08/20: 祭りの日

comitia
今日は、即売会コミテイア。会場のビッグサイト。駅から会場までの広場でフリマーケットをやっていた(画像左、右はビッグサイトに向かう人)。初めて見るけれど、よく開催してるのかもしれない。曇天で雨がふらなければいいけれど・・・。
今回、あまり会場を回らなかったのだけれど・・・・
いしいひさいちさんの「ののちゃん」吉川ロカちゃんのポストカードがいただけるということで馳せ参じました〔直筆サイン付き!)。背景のラジカセは、フリーマーケットで購入。
帰り道、小さな公園で夏祭り/盆踊り。昨日豪雨で中止だったので良かったね。
帰宅し窓を開ければ炭坑節が聞こえてくる。夏も終わり・・・。
cinema
◆『ブランカとギター弾き』長谷井宏紀監督(伊2015)※シネスイッチ銀座にて
スラムに生きる孤児のブランカは盲目も老街頭ギター弾きピーターに出会い成長していくという話。フィリピンについてましてやストリートチルドレンについて知ることもなく生きてきているわけで、そういうことがある種ファンタジーでもあり、リアルでもある映像で見せてもらえてよかったと思います。シンプルなお話で主演の2人や子どもたちも音楽/曲も良かったしオススメです。
http://www.transformer.co.jp/m/blanka/
genjyu
映画を見に行くのを兼ねて
◆「幻獣神話展Ⅳ」に行ってきました。ゴジラ絵などの西川伸司さんの個展も覗いてきました。
+◆「アオガチョウ個展」(終了)✕◆「西川伸司個展」✕◆「山脇隆展」(スパンアートギャラリー)で配っていた、つながるポストカード4枚揃う(前回いただいて来たものと合わせる)。

いよいよ、明日(土)まで。
doujinshi
◆『ぐらこん⑤同人誌優秀作品集』『COM』9月号別冊付録 (虫プロ商事 1968)
第一回COM同人誌賞のまとめ本。第一回は200以上集まったけれど「該当同人誌なし」ということもあってか厳選した同人誌の中から7名のマンガ作品がピックアップされ収録されている。小川茂さんとガンケ オンムさんの作品は当時印象的でした。
前スレの「つれづれ草」当時の新宅喜光さんの作品も載っています。
※「アズ漫研」がこの賞をうけていたと思うけれど、何回まで続いたんだろう。
sin
◆『新つれづれ草⑭』(新つれづれ草編集部2017)
「シニアのシニアによるシニアのための、21世紀中高年マンガ同人誌」と
謳い文句?にもあるようにシニアな方たちが参加しているようだ。マンガは王道のストーリーマンガにコマものといったところ。企画的再録作品も多いですけれど懐かしい方たちの名前(と言っては失礼か)も見られるし、「つれづれマンガびと」というインタビュー記事などは、それぞれに〈まんが道〉があるという証明のマンガへのこだわりが見て取れて感銘したりします。
1967年から3年間「つれづれ草」という肉筆回覧誌で活動していて、40年
年を経て再出発したのがこの『新つれづれ草 」。2008年から2017年まで最新刊が14号〔最近は年1冊発行)で発行。来年は10年目、動ける人が少なくなって区切りとして活動を休むような事をおっしゃっていましたけれど・・・他人ごとではないので(^_^;)強くは言えないけれど作品が集まるのなら続けてほしく思います。
Webでも作品が読めたりします。
http://sinturezure.blogspot.jp/

かって「ふしぎな仲間たち」(1976年ころ?)という、書店持ち込み?マンガ雑誌があって、その主宰だった篠原幸雄さんには当時お世話になったりしていて、こういう形で再開できるとは・・・今回のコミケサークルスペースが向かいでもなければ声もかけられなかったことでしょう。配置に感謝(^_^;))。
その篠原さんの展示会がちょっと先ですが開催されるようです。
◆『おやじマンガ同人誌 新つれづれ草マンガ展
 篠原幸雄からやましたゆきおへ マンガと生きた50年』
◎2017年10月20日(金)から10月29日(日)
◎森下文化センター1F展示ロビー

08/16: 雨続く

kaeru
おまけに、寒いくらい涼しい。
nakanokitijyouji
高円寺「猫の額」
◆『猫又千夜一夜』(〜2月23日(水)まで※木曜定休)より、茶柱立太さんの作品。
http://www6.speednet.ne.jp/~nekojarasi/hpdeta/newpage373.html

吉祥寺「リベストギャラリー創」〜明日16日(水)の5時まで。
◆『AOKI EXPO』より、青木俊直氏の作品?
http://www.libestgallery.jp/aoki/expo.html

午後、ずっと雨でしたね〜。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 251 | 252 | 253 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。