るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 237 | 238 | 239 || Next»

04/23: 行楽日和

tutuji
公園が家族で賑わっていました。
ツツジの季節へ。
yoshizaki
「マンガ塾」にて、芳崎せいむさんのトーク。今回は生徒さんの質問を受けてそれに応えるという形での講義といった内容。
13回目の「うさ爺マンガトーク13回めということもあって?13の質問に応えるというもの。
構成力のあげ方、構図の取り方、演出のしかた、モチベーションの保ち方、アイデアの見つけ方、発想法などなど・・・。基本的な深い部分(実践)からの講義でしたが、体力づくりが印象的・・・というか僕には切実(^_^;)。若い生徒さんには頑張っていただきたいものです・・・。
pokemisu
本の整理。残しておこうと思っている本。
「ハヤカワ・SF・シリーズ」続き。
新井苑子さんのイラスト作品。
カート・ヴォネガット・Jr.、ヘンリー・カットナー、
クリフォード・D・シマック、フィリップ・K・ディック。
特に、作者別に絵を担当していたわけでは内容です。
下の段は左が、真鍋 博さん。
「火星年代記」「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とメジャーなタイトル。
下の段右の1冊は、絵は矢吹伸彦さん。
◇「大破壊」ジョン・クリストファー(訳/片岡義男)。早川書房1973(原書1965)318冊でている中で302番(3302)。
このシリーズ、目が悪くなってかってのこのシリーズも読みづらくなってきて読まずにいた作品も多いのだけれど地震の話のようだしチビチビ読んでみようかと・・・。

nakajima
本の整理。
◆「ハヤカワ・SF・シリーズ」
装幀とありますが表紙のイラストということでいいんでしょうね。
描き手を調べてみたら中島靖侃(なかじま せいかん、と読む?)という方で、
50冊ほど持っているこのシリーズの15冊がこの方の作品でした。絵柄が作品に合わせてかバラエティに富んでいて気付かなかった。抽象的なものより具象の絵の方が好きなんですけれど・・・。並べてみるとみんな良い絵に見えてくる。
koinobori
幾筋もの雲が流れていて、写真に収めようと路地を移動すると遠くに揺らいでいるものが・・・鯉が泳いでいた。
高円寺駅北方面。毎年揚げているもので僕が知らなかっただけかも知らないけれど。近くまで行かずサイズはわからないけれど結構大きい。もうそんな季節なんだね。
tape
最近、ちょっと返り咲き?カセットテープ。
〈Compact Cassette〉のロゴがいくつかのテープのラベルに印刷されていたので当時の共通ロゴ?
70年代後半のものでしょうか古そうなテープのラベルを集めてみました。
高級なものはないと思います。Hl-TONEないいて言うのは500円とありますが、ワゴンセールみたいな所で10個いくらって感じで安く売っていたものだと思う。
集会にその時の論争(^_^;)を録音してたりしたものが残っている(芯からテープが剥がれて?いるものもあるけどまだ、ほぼ聞ける。
当時は60分テープがメインだったのでしょう。60分もの(片面30分)が多い。
※右下のSHARPのものは46分で〜これはレコードの演奏時間にあわせたものだっけかな〜新し目のテープかもしれない。
◎Hl-TONE X(日本音響研究所500円)
◎CO-OP C-60(HITACHI)
◎SOUL C-60(?1977)
◎FL60(富士写真フィルム)
◎C 60(CBS-SONY)
◎C-46SX-L(SHARP)
sakura
今日も、平年声の気温で、快晴なれど風音うなる。
半袖で出かけたけれど夕刻には強風は肌にひんやり。
jisyujyouei
色々整理していたら出てきたんだけれど、先日、アンスティチュ・フランセ東京に行ったら上映会をしていて、最近自主上映って行っていないなあ、と思っていたところなので懐かしくなって・・・。
◆「キングコング」「フランケンシュタイン」※千駄ヶ谷区民会館ホール。1978ーシネマディクト。
◎作品データと作品解説。ガリ版刷りで当時の雰囲気が。

◆「盗まれた街」※全電通労働会館ホール
(画像は「THX1138」だけど見たのはこちら)1979ーアニドウ。
◎シンプルな作品解説。奇想天外シネマテークと銘打った上映会で後援が奇想天外社。大友さんの「ショート・ピース」坂口さんの「魚の少年」いしいさんの「おじゃまんが」の発売予告が載ってます。

◆「ナーザの大あばれ」※日仏会館ホール。
1980年前半(上映日は書いてあるのに何年か描いていない。東海道横断上映会、東京はアニドウ主催。
◎作品解説。雑誌記事より転載。

◆「LOST LOST LOST」ジョナス・メカス監督。※Studio200。1983ーStudio200
◎コメンタリー全文。
・・・見ておかねばと思って行ったけれどよく分からなかった。

◆「2001年宇宙の旅」シナリオのみで、いつ上映したかわからないけれど初めて見た「2001年〜」で字幕なしーカトル・ド・シネマ 
◎翻訳・採録 田山力哉。何処かからの転載なんでしょうか。
sansaku
景色は春だか、気温は夏日。暑かった日中。
syaga
◎不二家ペコちゃん。お出かけですか・・・。(昨日の写真)
◎通り道。シャガ/胡蝶花(というんですね)の花。じっくり見るときれいですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 237 | 238 | 239 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。