Archives

You are currently viewing archive for June 2020
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
  keikan
瓦を伝わって水は雨ドイへ・・・雨降る小庭を(雑然と片付け途中なんだか)眺めるのはいい感じだ・・・。大振りでなければ。
雨樋の水が詰まってあふれていた排水管の泥を除いたら、溢れなくなってミニな川に水は流れなくなった。それはいいことなんだけれどちょっとさみしい。

関係ないけど、明日からレジ袋は有料だ。気をつけねば。
とりあえず、ポケットにビニー袋を入れておこう。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
aozora
買い物に出る。青空広い。日差しが強い。
ひこうき雲一筋。
部屋のほうが涼しい(扇風機のみ)と用事を済まして、帰宅、安売りCDを3枚ほど買ってきていたので聞いていたら寝てしまった。
1日が早い。

06/28: 蝶・蝶

カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
tyou
なんてことはないのですが、2匹の蝶がじゃれあって飛んでいた。
何度も、シャッター切るものの、ピンぼけでござい。
neko
どこの誰だかしらないけれど、首輪をつけた猫。
わが物顔で、実家の置き石の上で寝そべっている。
小庭でも瓦屋根の上でも、何者だ?ということで見つめられる。
考えてみれば、5年以上、人の住まない家だったので、不審者は自分のほうかもしれない。
何処かに、抜け道でもあるのだろう、閉めきった家の中でもみかけることがある。
今は見かけないけれど以前はネズミも多かったらしいこの家のネズミ退治もしていてくれたのかもしれない。
まあのんびりしてくれたまえ。
砂地に糞をするのもゆるしてあげよう(^_^;)。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
1
◆オリジナルサントラCD『トランスポーター』
サントラを聞いていたら映画を見たくなった。
◆『トランスポーター』 ルイ・レテリエ/コリー・ユン監督(仏/米2002)
この映画で主演のジェイソン・ステイサムを認識しました。スー・チーも可愛いです。何度も見ているんですが、テンポよく飽きずに見られ面白い。

06/25: 転ぶ

カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
kosame
日々m変化のない生活が続いているのですが・・・今日、小雨の降る中公共料金を払いに行ったら、タイルのスロープですってんころりん。
擦りむいて血を見る、バンドエイドを買う。こんなことが新鮮な出来事(^_^;)。
いやあ、新鮮だったけれど、気をつけねば。
shokara
先日は雄だったので・・・オオシオカラトンボの雌。良い被写体になってくれました。

06/23: コロンボ

カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
ピーター・フォークさん(1927/9/16〜2011/6/23)の命日ということで。
irasuto
昔描いた似顔絵(1974)を・・・。
梅雨の合間、晴れてきたので、散策/運動。
tanbo
先日、トラクターで土をこねていた水田じは稲が植えてある。
田植えはもう済んでいる(子供の頃に植えたことあるけれど今は機械化されて植えられたんだろうね)。
サギが一羽、餌を物色している感じ・・・。
shiokara
梅雨は開けていないけれど、夏っぽくなってきました。
あっという間に半日過ぎようとしてますけど。
小庭があると、いろいろやってくる。蜂とかトカゲとか・・・。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
昨日買ったDVD。
movie
◆『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督(米/独2018)
吹き替えのほうが、聞き取りやすいかも。あと、うちのブラウン管テレビでは、細かい文字とか読めないので限界ですね。
劇場でも見ましたけれど、何度っも見返せそう。
間合い、画像とサイコーですね。

06/19: つゆどき

sansaku
雨が断続的に降っている。まあ梅雨ですから。
でも、篭っているのはストレスがたまる。
小ぶりになったので出かけた。
本屋に出かけるが目的の本はない・・・代わりに?DVDを買ってしまう。
特に大廻りしたり散策したりしなかったので、5000歩くらいだろう。
帰り道に見つけた紫陽花の花1本。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
katazke
雨だし、多少涼しいので、篭っているならと実家の片付けを少しだけ再開。
で、出てきたのは、七夕の飾り付け。昔のものなので虫に食われていたり劣化している。それらが入っていたビニール袋(綿菓子とか入っていたんだろう)が懐かしキャラ。
七夕が近づいてくるけれど、今も開催しているのか街の祭り。コロナご時世イベントも中止なんだろうな。
ehon
実家に帰ったら数冊あったミニ本。
ピーナッツシリーズこういう形でも出ていたんですね。新書判のものしか見ていなかったので、大きい絵を見るのはいいな、と思う。
◆『ライナス人生を語る』チャールズ・m・シュルツ(サンリオグリーティング株式会社1970)訳/やなせたかし、萩洲照之
谷川俊太郎さんの邦訳が有名だけれど、やなせたかしさんも訳されていたんですね。
日野啓三さんのお誕生日。ということで浮かんだのは・・・コミケがチラリと出てくる・・・?
book
◆『夢の島』日野啓三(講談社文芸文庫)1985年執筆。
日野 啓三(1929/6/14日〜2002/10/14)さんの作品は好きで結構読みました。
あらすじ読んだら、う〜ん、もう忘れてる。
最近、本を読んでいない。何か読まねばなぁ・・・。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
dorama
ファンな市川実日子さんがお誕生日と知って、何か出演作を見たいなと思って浮かんだのが、2003年のドラマ「すいか」が浮かんだ。脚本家の木皿泉さんを認識したのもこの作品。
主演は小林聡美さんですが(実日子さんは皆の集うアパートの大家さんの役)、他の役者さんもみんないいです(女性の出演者が多い)。
YouTubeに上がっていたのでつい見始めてしまったら・・・面白いっす。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
初日の初回に行ってきました。
movie
◆『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』グレタ・ガーウィグ監督(2019)
予告を見て、主演のシアーシャ・ローナンさんいいなぁと思って観に行った。私、「若草物語」読んでいないんですが、この作品のような話なんでしょうね。実に良質な少女まんがという感じで・・・いや、「若草物語」が少女まんがに影響を与えtれいるんでしょうけれど。僕の苦手な、回想的な時間軸がコロコロ変わる作品なのですが・・・お勧めです。
画像、「若草物語」関連のものがない画像。
nigemiti
こちら東海は昨日だったようです。
なるほど、雨が降ったり止んだり、出かけるのを考えてしまう。
雨どいからの排水がつまっているのか、水がわき出して建物側にたまっているので、水の逃げ道を作った。
bokou
篭っていて、何かストレス?小雨の中歩いてみる。いつものコースの午後4時頃。
黄色い百合があざやか。
河沿いの中学母校、動き出している。
野球部がキャッチボール・・・。
体育館からか、どすどすとスポーツの響き。
自転車置き場も賑わっている。
遠くから合唱の歌声が・・・。
といっても、実家の夏は久しぶりなので、この辺りの気候はいかがなものか・・・昔のことおは忘れてる。
atui
熱帯夜というのか、まだ部屋温度27℃ある。
朝になればナントカな気温になっているんだけれど。
窓を開けたいが、蚊が・・・。扇風機2台で・・・1台はパソコンに向いてるんだけれど(^_^;)。
今日の安物買い。恐竜のフィギュア。
ジャケ買いですがSUNLANDというハワイのグループらしい(20年以上前のアルバム)。ハワイ感はないような。かけていてもそんなに気にならないので、買って正解かか・・・。
movie
◆『AKIRA』4Kリマスター版※2020年6月5日(金)公開。初公開1988。
4Kリマスター版・・・う〜ん。劇場で見るのも久しぶりのせいか、そんなに見た印象は変わらなかった。細かいでティイール、バイクアクションそして音楽、やっぱりいいですね。最初に見たのは、当時遊園地で上映。音響がすごすぎて耳をふさいでいたくらいだった。
コロナご時世、平日の昼間お客は僕ともう一人の2人(東京でもこんなものでしたがお客が一人もいない時って上映するのかな?)。映画館独り占め感があり、この時期また何か見に行こうかな・・・。
movie
◆『96時間』 ピエール・モレル監督(仏/米2008)
リュック・ベッソン制作/脚本で、本人が監督しない作品に面白いものが多い。ベッソンはちょっと上品なのかもで、シンプルでラフさがいいのかも。
娘を誘拐され助けるのに96時間しかないということで、容赦しない父親リーアム・ニーソン。テンポよくアクションも良く面白く楽しめます。
リーアム・ニーソンがいいですね。「スターウォーズep.1」のクワイ=ガン・ジンで初めて認識した俳優さんで、地味感強いけど、出ていると映画を見たくなる役者さんでお気に入り、同い年だしね。
今日がお誕生日です。
board
小庭の物置の敷ものに使ってった年代物のボード。
以前ははどんな飾り物だったのか?良くわからない。
蛙を2匹添えてみる。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
movie
久しぶりに新作を劇場に観に行った。
◆『ANNA/アナ』リュック・ベッソン監督(仏/米2019)※TOHOシネマズ 東浦にて
映画の作りが、〈・・・というところで何ヶ月戻って〉という、ボクには苦手な構成で最初ちょっと閉口したけれど、なるほどそれがキモなのかと納得しました。スパイ合戦でもあり、アクションも楽しめます。面白かったです、「レオン」にはかなわないけれど。
「AKIRA」〈4Kリマスター版〉も公開されていたけれど、いずれ見に行くことでしょう。

※画像のチラシのトンボは関係ないです。帰り道に路で見つけたので(^_^;)。
koniwa
実家の小庭はゴミ捨て場になっている(自分宅の)。
想像以上に雑草の成長速度は早い。草むしりにセイを出したいが、暑いし1時間も続かない(弱体力(^_^;))。貝殻が袋に入って捨ててある。陶器のかけらがいくつも・・・。父親が盆栽をやっていたようでその関係?
植木鉢は山のように放置してある。
moyou
暑くなりました。名前がわからない・・・けど新しい風景。
movie
◆『続・夕陽のガンマン/Il Buono, il brutto, il cattivo』セルジオ・レオーネ監督(伊/西独/スペイン/米1966)
出演者 クリント・イーストウッド(善玉)
リー・ヴァン・クリーフ(悪玉)
イーライ・ウォラック(卑劣漢)

◆『ウエスタン/ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』セルジオ・レオーネ監督(伊/米1968)
チャールズ・ブロンソン
ヘンリー・フォンダ
ジェイソン・ロバーズ
同じような配役でしたね。そこにクラウディア・カルディナーレが加わって、面白さが倍増してるような。

共に3時間前後の長い映画。「続・夕陽のガンマン」のタイトルはメイン配役が同じだから「続」にしてるんでしょうが違和感が・・・長すぎると感じた。反面「ウエスタン」は飽きずに見られた。好みの違いかも。2作とも音楽がいい。共にエンニオ・モリコーネ。
march
初めて買った。こういうものか・・・ちょっと僕には甘いかな。
デザイン365種類かぁ。集めるにはクッキーではなぁ・・・ああ、カードを集めるのか
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。