Archives

You are currently viewing archive for November 2006
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
これも掲示板つながりで、
dou2006年11月18日の藤野・シーゲル堂(画像は同サイトの方にもありますので)
シーゲルって何?って訪ねましたら店主のお名前からきてるそうで成程。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
掲示板絡みです。画像だけですが。
doujin

11/14: ベス

koudan「Beth」NO.1(隔月刊?)講談社
先に紹介したアエラコミックに“創刊そ追う”という記事が載っていたので買ってみた。
う〜ん変な本だ。巻頭から、マンガ絡みのお話で、続いてまんが道?マンガそして特集が“漫画家さんのお仕事”でこの本はなんなんだと思いました(あらら、谷川さんの作品が描いてるじゃありませんか)。
「キレイ系オタク」向けということですが僕にはこのターゲットが把握出来ませんのでこの内容でいいのでしょうね?少年マンガの「ガロ」と言われてるマンガ誌があるようですが、なんとなく少女マンガの「アックス」って感じがしないでもないですけど(違うか)。
マンガと情報とコラム、総合誌的な本は好きなのでサイズもA5で手軽、もっと薄くても良いなあ。僕はSFマガジン(早川書房)とかのシンプルな本の構成が好きなので均一な紙使い(コラム類が巻末に並んでいるのも)には何か差違がはっきりせず読むのに慣れないものがありますが。
何にしても長続きして欲しいものです。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
roketto
(左)「ロケットボーイズ2」ホーマー・ヒッカム・ジュニア(草思社)上・下本です。前作が面白かったので読みました。前作のキャラクターももっと知りたい人には良いとおもいます。3作目も出てるようですが邦訳は出てないのかな。
(中)「遠い空の向こうに(OCTOBER SKY)」ジョー・ジョンストン監督。原作の前者を読んだので見返した映画。炭鉱町で少年達のロケット作りの話(実話を元にしてる)。
作者ヒッカム・ジュニアも撮影現場で協力してたようだ。面白い作品になっているのを確認。ラストのロケットボーイズのその後とか本物の映像がでてきてなかなかです。
(右)「からくりからくさ」梨木香歩(新潮社)梨木さんの作品は「家守奇譚(いえもりきたん)」(文庫になってましたね)が面白くって、それしか読んでなかったので・・・周りでも評判の作家さん(「活字倶楽部」雑草社で特集を組んでましたね)だし。染め織りに関わる4人の女性に人形をからめたお話。染め織りについてのイメージが浮かばずちょっと距離を置いて読んでしまった。
カバーの早川司寿乃さんは好きな絵描きさんでファンです。
というわけで梨木さんの「西の魔女が死んだ」「裏庭」も文庫で手に入れた。読むのを楽しみにしています。
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。