るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 || Next»
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
空を飛ぶヒーローということで・・・
buenaソフビ
新しいスーパーマンもそろそろ公開ですが、こちらも随分昔のコミックキャラクターかと思います。生身の人間がロケット背中にしょっておしりが焼けないのか思うのは僕だけじゃないと思うけど、そういう漫画的なところやレトロなデザインがいいです。

07/28: アトム

ハリウッドで映画化の話ってなかったでしたっけ・・・
tezuka
このソフビ人形を見てて思うこと。良く言われていた事かもしれませんが、アトムって裸なんですよね。昔の海水パンツ(ベルト付き)と長靴ですよねえ。プラスチックのフィギュアなどだと気にならないけど、ソフビだとなんだか裸が気になる。やっぱスーパースーツとか着せてあげるべきだと思う。もちろんマンガのなかでは普段は服着てますけど。
ハリウッドで作るなら浦沢さんの「プルートゥ」を映画化して欲しいなあ。
アトムの基本的な設定(誕生秘話)って「AI」で似たことやっちゃってるからなあ。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
新作映画公開ということもあって、大物です(笑)
pokke
ピカチューってこんなんだっけ?このピカチューちょっと肉付きがいいですねー。初期の頃しかポケモン知らないので画像後ろのピチュー(だと思う)との関係も知らない。ピチューは単純にかわいいだけだけど、ピカチューの顔には味があるなー(このノコノコ人形見るかぎり)。
ココ数年、見た劇場アニメの中で好きなアニメのひとつ
d・wシュレックとフィオナ2004「シュレック2」(ドリームワークス)公開時、サークルK・サンクス限定?おまけ。
この2人が特異なオリジナルキャラで他のキャラはパロディ色が強い。脇に名作キャラを使用するのは成功してると思う。それはオリジナルキャラがより個性的だからでしょうか。
3・4と企画が進んでるはずでしたが・・・「シュレック」の監督さん「ナルニア国物語」(未見)を撮ってると思うけど状況は今どうなってるんでしょうね。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
今日初めて知りました・・・
zouNaRaYaのぬいぐろみ?
検索するとNaRaYaってタイ発のバックのメーカーさんで、そこの商品のようです。そこのキャラクターと言うわけでもないみたいですけど。こういった、他に柄違いで種類があるようです。素材ひとつで柄の違いのぬいぐるみやらキューブリックやらけっこう出てますね。着せ替え感覚?
女性のかた、NaRaYaって御存知でした?有名なのかしら。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
本物もミニのやつも持ってないんですけど・・・
belleTAKARA+海洋堂
ブライス好きのめわさんの書込みがありましたので、サービス(笑)。
ブライスがこんなに広がるとは思ってなかった(世界的にはどうなんでしょうね?)。でも小さい娘向けではないのかも。類似ものがけっこう出てると思いますが、このかわいさ(個性的?)にはかなわないですね。人形ですから、性格付けは特にないのかな。ちなみに画像は「ベアハグ」といいます。本物もひとりくらい欲しいですね。
このフィギュアシリーズ第2弾が出るようです。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
つい最近まで知らなかった・・・
papaジョージアのおまけ
おばけらしい・・・けど詳しく知りません。絵本が元なんでしょうか?
「トイ・ストーリー」でのクレーンゲームの商品の印象しか残ってないですけど、三ツ目がポイントの・・・
toyティズニー&ピクサー
主人公バズのおもちゃの世界設定で作られたテレビアニメシリーズにも出てくるらしい。そちらも集団で出てくるのだろうか。ニョロニョロもそうですが複数で魅力の増すキャラもいますね。
続いても個性派不思議くん・・・ムーミンより。ネーミングもストレートだけどすぐ覚えちゃう・・・
to-be食玩「ムーミンズランチ」(海洋堂)
描きやすい単純な造形というのもキャラ作りに必須ですね。
ムーミン作者、トーベ・ヤンソンさんの絵は大好きでこんな絵が描きたいな。マンガの絵は弟さんも描いてるのかな(違いが解らないけど)?
昔読んで面白かった彼女の自伝?「彫刻家の娘」をまた読んでみたいなぁ。

07/21: カオナシ

テレビで「ハウルの動く城」を見てました。ということで宮崎(ジブリ)キャラ「千と千尋の神隠し」より・・・
jiburi
かなり好きな存在です。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。