るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 248 | 249 | 250 || Next»
tezuka
昔を振り返る気持ちもあって古本で購入。
◆『マンガ漫画の魅力』ヨシトミヤスオ(清山社1978)「マンガの魅力・漫画館シリーズ⑮」
ヨシトミさんは、コマもの等動物マンガで知られているかもしれません。京都精華短大(今の京都清華大学の前身)のマンガクラス(1973年ころ開設)を担当していた方なのかな。当時のマンガ全般的なお話と手塚治虫との対談がまとめられている。時代的なものでしょうか劇画も少女漫画も絵柄的に評価しないというアート系?の方のようで・・・その辺りがストレートに書かれていて面白い。
手塚治虫との対談では、ヨシトミさんが「漫画少年」に投稿して選者の手塚さんに評価されてマンガを描くに至ったのに、手塚さんは選評していなくで編集部が評価したものというのを聞いて、今言われても・・・とがっくりくる話(語ってもいないのに手塚名義になってること多々あったらしい)。手塚さんがマーベルのジム・リーと会った時の話(日本のマンガはおかしい→シリアスな内容なのにマンガっぽい絵なのが)とか、この頃即売会?とかもう話題になっていたのか自分たちで作品を発表し初めて、プロとアマの垣根がなくなるというようなことを言っていたりする。この対談どこかに収録されているのかなあ。
僕的には今(時代を踏まえて)読んでも面白い本だった。・・・。

07/23: 大暑2017

donten
何日も続いた真夏日ですが今日は一休み?
息抜きの一日。

07/22:

kouennji
商店街を歩いていたら、蝉が落ちていた。寿命がつきたか。コンクリの道路で潰されr津よりはいいだろうと手をかざせば指につかまる、植物のある所へ移動。手の中で小声でなく・・・。
まだこの辺りで蝉の声はあまり聞こえてこない。
kouenji
◆『本の楽市』
どなたかのツイッターでツイートされていて知ったのですが・・・。
◎座・高円寺エントランスにて
◎~7月24日まで
これまでも定期的に年2回開催を続けていたんですね。絵本とか児童物が目につきました。馴染みの本がおいてあると思ったら↓「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんも参加してる。「ポポタム」さんも・・・。
http://blog.goo.ne.jp/nabusuraynohe/e/fc930f5dd4efb80410d052329f432f66
僕は、「epic ILLUSTRATED」(1983)というアートコミック?を購入。
永井豪さんのイラストにコミック「鬼」で18pの特集。昔から(海外でも)人気があったんですね。
aozora
梅雨明けの境目が良くわからない高温続き。
夏が来た・・・って感じがしないでもないけれど。
亀さん暑いのに甲羅干し・・・?
風が吹けば結構心地よい、小池の淵のベンチで読書。

07/19: 雪だるま

yukidaruma
〈真夏の雪だるま大作戦!)31アイスクリーム。
毎年の季節の限定商品なんでしょうね。
店に入ったことないけれど・・・このキャラ名前があるんだろうか。


kitaku
関東も嵐が通過。青空を見て帰宅。
そんなに涼しくなっていなくて日差しが暑い。
もうじき嵐の第二弾が来るようだ。遠雷が聞こえる。
ruika
涼みに出かける。
フレッシュネスバーガーにて、持ち歩いていた本をようやく読了。
◆『涙香迷宮』竹本健治(講談社2016)
碁も解りませんしパズルやら言葉遊びやら苦手なので・・・なんとも学術的な感じで・・・黒岩涙香の本読みたくなったりしたけれど謎解きはお手上げ。
まあしかし、よくこれだけ考えたものだと評価の高いことは理解できます。
帯の1・2・3位の推し方いいですね。オール1位の方がいいに決まっているのにこの並びでもっとすごいように見えるかも(^_^;)。
nakano
中野駅の北口で「中野チャンプルーフェスタ2017」というイベントを開催していた(昨日今日)ので出かけたけれど昼ころは炎天下暑くて退散。演じている方が大変なのに・・・。夕方になってから覗いてきました。沖縄の人たち熱いです。
13回目だそうで、機会があれば覗いている。
sanrenkyu
◎ペコちゃん衣替え。(中野北口ブロードウェイ入り口「不二家」)

◎神保町の方に行って、お話聞いてきました。
◆日本マンガ学会海外マンガ部会第10回大会公開研究会
「海外マンガとキャリア/教育」
http://www.jsscc.net/study-group/foreign/20170715

漫画の研究なり翻訳など、その手の仕事は成り立っていくのか・・・というか盛り上げていこう・・・というような話?違ったらすいません。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 248 | 249 | 250 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。