rooper
映画◆『LOOPER/ルーパー』ライアン・ジョンソン監督(米2012)
タイムスリップものということで見て来ました。2040年が舞台なので、それほど世界はかわらない。30年後の暗黒世界?から、タイムマシンで送られてくる人間を処理するのがルーパーでその未来も少ししか出てこないので、未来世界を楽しめるわけでもなくそんなに大作感はなかった。内容を説明しないほうが楽しめるだろう。まあ、未来の自分との対決に別の要素が加わって・・・楽しめる秀作だと思います。でも最近のタイムスリップものは、同じ人間が同時間に存在出来ないのが定番だったのに何でもありですね。そうでもなければ新鮮な作品は生まれないものね。
劇場にあった、「ジャックと天空の巨人」の立体POP。とSF「オブリビオン」の広告。共に予告もなかったし知らない映画でしたが面白いかな。
今日は、新宿ミラノで見たのですか、ここは入れ替え指定席ではない映画館なので、途中で入って1回半見て来ました。最近では入れ替え制が多く名画座以外珍しく、もう一回見たいときには嬉しい。