fusako「花に染む」1巻 くらもちふさこ(集英社2010)
「コーラス」10月号(集英社2010)
くらもちさんのマンガ表現のすごさはもう語る必要もないと思うので、ここは本になった印刷サイズについて。
最近は、雑誌でマンガを読むことが少なくなって単行本で最初に作品に出逢すことが多いのですが、マンガは掲載雑誌サイズで読むべきだろうと思っている。単に老眼が入って小さい文字が読めないというのもあるけど(笑)。微妙な比較だけれど映画館とテレビ画面の迫力の差のような・・・。もちろんマンガ家さんの表現の仕方によるのですが(くらもちさんも縮小されることを意識してる書き方のように思われるし)描き手の意識と印刷物のギャップは少ないほうがいいだろう。最近の単行本の流れが、文庫版に収束していく感じがある。くらもちさんの「天然コケッコー」なんで文庫でしか読めない状態だと思う。出版事情があるだろうしお話を読むだけなら手軽に読めるだろうし読まれてナンボそれはそれでひとつの形だとは思うのだが。
で「花に染む」は「駅から5分」の花染町のお話とクロスオーバーした?弓道を通しての恋(取り敢えず出会い)の話。ちょっとミステリアス,切なさそう、主人公の女の子も個性的な顔つきでいいなあ。