・・・その結果のトークイベントがあった。
event
今年は、新しい海外ものを読んでいなかったので、どんなものが人気か、ただ聞きに行きました。今年はアメコミに人気があるようで、というか邦訳本が多いので自然ななりゆきか・・・。
http://gaiman.jp/archive/2018.html
翻訳家の原正人さん司会で編集者/ライターの品川亮さんとShoProの山本将隆さんが出席(写真左から)。ガイマン賞の結果と受賞作をふりかえる。
いつか読めればいいなあと思いながら(^_^;)、聞いていました(まあ、米澤図書館で読めるんだけど)。
話は日本での海外マンガの翻訳事情の話になって、大変そうだと知る。でも売れてる作品もあるようで、自分お好みにあったものは無理そうかなあと思ってしまう。
しかし、昔に比べていろんなジャンルでずいぶん翻訳されていて、好みの作品が見つかるといいな・・・と思う。