youryuu
風も通らずセミの鳴き声が聞こえ暑さを何割増しかにしている。
目の前の樹の下、ひっくり返ったセミの抜けがら・・・かと思って手にとって見ると、生きていた(^_^;)。
樹に置いてやると、上へ上へと登っていった。