ribon
昔買った古本で表紙もなく安かったからだけれどその漫画本を眺めていたら・・・連載ものなのでお話は把握しにくい。
◆『虹のかなたに/そよ風さんこんにちは』「りぼん」正月号ふろく(1959/1/1発行)
まず、表紙ほか最初の数ページが欠落。2本の連載作品が載っている。1本は「そよ風さんこんにちは」で小沢さとるさんの連載でこれはウラ表紙に表示があるのでわかる。欠落してわからないのが最初の作品、タイトルは背表紙で「虹のかなたに」とわかる。今の時代、以上の情報があれば簡単に作者名は検索できる。単にネットに画像付きで売り出しているかにもよるけれど・・・表紙やら確認することができた。「虹のかなたに」は益子かつみさんの作品だった。僕などは「快球Xあらわる」でお馴染みなんですが、少女まんがの絵柄には馴染みがなかった(同世代の漫画読みにはすぐわかったようだ)。
興味を引いたコマ・・・描かれた新聞の日付。1958年の12月17日になっている。この本は1959年の1月号だけれど発売は前年の中頃でしょうか。きっとペン入れされた日付だろうと推定してみたがそれではギリギリっぽいので発売日の合わせた日付か。
もう一コマは、似顔を描いているシーンだけれど少女まんがに似合わないリアルな手の描写。自分の手を見て描いてるよなあ・・・というのがなかなかいい。
他、名刺が描かれていて、登場人物の住所と電話番号が書いてあり、これは誰の宛先なんだろうと思ったり。

とまあどうでもいいことを・・・。