◆日日日(あきら)「ピーターパン・エンドロール」(新風舎文庫)
時代物を探している合間に読みました。名前で気になっていて買いました(笑)。自閉症・妄想少女の話?。ミステリーといっていいんでしょうか、なんか懐かしいネタという印象でしたが飽きずにすいすい読めました。他の作品も読んでみたい気がしますがさて・・・。

◆米村圭伍「面影小町伝」(新潮文庫)
◆北原亞以子「傷〜慶次郎縁側日記」(新潮文庫)
戸部新十郎さんを探してみたんですが、見つからず適当に買ってみました。「面影小町伝」は畠中 恵さんが解説を書いていたので買ってみました。忍とかくノ一とか出てきて楽しめるかも・・・。