pinboke
川沿いの手すりからクモの糸で右下から左上に吹き上がって揺れていた足長の蜘蛛。脱皮のからかと思ったら生きていて、そそくさと手すりの方に・・・。
ピント合わず。