shinkan
◆『写真屋カフカ②』山川直人(小学館2017)
「ビッグコミックオリジナル増刊号」(隔月刊)に掲載。ちなみにビッグコミック増刊号という雑誌も年何回か出ていて、ちゃんとチェックしていないと買い忘れる。ほぼ二年間分の13話を掲載順でなく再構成して収録。
消え去っていくものを趣味で撮っている写真家カフカの出会いのエピソード。
被写体の過去や未来の想いや記憶が一瞬写真に写って見えるという構成でドラマが作られていて面白い。街を散策していると見かける風景から一つ一つのエピソードが生まれた感じの地味だけれど昭和な感じ満載で、ノスタルジーと切なさを感じたりします。TVでドラマ化とかいいと思うけれど・・・。
◆『気楽な家業』山川直人(サイコロ堂2017)
自主制作漫画集「気楽な稼業』(雑誌「うえの」を中心に発表した作品が中心の身辺雑記漫画)ということです。こちらは、山川氏の懐かし話だったりする。