saikou
◆『最高の夏休み①進路を南へ!』(Euromanga合同会社/飛鳥新社2017)©2015
●ジドルー/ 原作 ●ジョルディ・ラフェーブル/ 画 ●原 正人/ 訳
夫婦は離婚直前、それを知らされていない4人の子どもたち(+1?)と
毎年恒例のバカンスに出かける。そして・・・。
最初に幸せそうな夫婦の昔語り〔現在?)から始まるので、安心して?読める。
今号は〈1973年の夏休み〉の出来事といった内容。でもなかなお国柄とかかわかりにくいのでちょっと解説が欲しい。細かいところの意味の確認に何度も見返したりしましたけれど、繰り返し読めたのは透明感ある絵とそのバンドデシネ的?緻密な構成で魅せてくれるからだろう。1コマ1コマ考えられていて見事だと思いました。良い話ですし絵もオススメ。
続刊も〔すぐにはでないらしいけれど)別の時代の同じ家族の姿が見られると思うと楽しみである。きっとこの夫婦の若かりし頃とか。この構成だと、未来の子孫とかSF的なものも描けそうだ〜描かないだろうけれど(^_^;))。
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b307657.html

※カバーと本体表紙。本文56pフルカラーの本ですけれど、バンドデシネは重厚なので合本などにせずこういう形で出して欲しい。ソフトカバーも読みやすい〔本国の装丁は知らないけれど)。
※1973年ということでラッパズボン〔パンタロン)?この頃はいてました(^_^;)。
※バンドデシネでは集中線やら効果線はあまり使われないと思うけれど、マンガっぽい残像表現?この本の中では珍しいシーン。