★「ブラフマンの埋葬」小川洋子(講談社文庫)
短めのお話だったので長め?の小川さんの「ミーナの行進」という作品を読んでみたいと思いました・・・がまだ文庫になっていないみたい。
★「重力ピエロ」伊坂幸太郎(新潮文庫)
「ダ・ヴィンチ」で大特集してました。・・・で読んだことのない作家さんを、それも旬な人の作品をと選んだんですが、面白かったなあ。泣けるで、兄弟愛。語り口が好みというか巧みというか、もっと読みたい気にさせてくれました。
★「阿修羅ガール」舞城王太朗(新潮文庫)
★「西の魔女が死んだ」梨木香歩(新潮文庫)
★「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎
伊坂さんのデビュー作?新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してるのでミステリなんでしょうが、ファンタジー・SF的でもあります。この作品も気にいりましたので続けて伊坂作品「ラッシュライフ」を読み始めました。