ootomo
◆『TRIBUTE TO OTOMO/トリビュート大友克洋』(講談社2017)
アングレームでの受賞記念。大友作品へのリスペクト画集。
見開きにして右にイラスト、左に作者の紹介(画像はバスティアン・ヴィヴェスのページをチラリと)。
「AKIRA」のトリビュートかと思っていたけれどそうではなくて他の大友作品も、と言っても「AKIRA」中心です。80人のうち四分の一が日本の描き手で海外の方のほうが多い。
海外の描き手は知らない人が多く、空いてる作者紹介空間に各氏の代表作の表紙でも載せてくれると嬉しかったかな。
本の印象としては、切り抜いて額装でもすればいいような贅沢な大判印刷で、大友ファンならば興味深く眺められる本になっていると思いました。

※見ずらいけれど添え物のフィギュアは、「スチーム・ボーイ」の劇場限定もので本のおまけじゃありません(^_^;)。