koten
初期の作品から「あっかんべェ一休」まで、数点ずつ網羅した展示だった。
僕的には初期の坂口さんの作品に出会った頃の描き込み作品に興味を持ってじっくり見てきました。坂口さんはイラスト的な線から、生命感のある線に・・・色々変遷していくなか、いずれも自由度の高い表現で自在に描かれている。
亡くなられてもう21年ということに、時間の流れの早さに驚かされるけれどこういった形で坂口さんの作品が紹介されるのは嬉しい限りです。
中野駅から土呂駅まで案外近くて予想以上に早く着いてしまった。僕は会場まで土呂駅から15分ほどのところ歩いて会場に向かった(目印がなく地図を片手に向かったが不安だったりしたけど)。途中賑やかなステラタウン(ショッピングセンター)という1画で、戦隊ショーなぞ見て時間を潰したり・・・。
会場のプラザノームは図書館やホールなど多目的施設でゆとりある空間。その2階が会場。
あとで知ったけれど、土呂駅からギャラリーのあるプラザノースの隣のステラタウンまで無料シャトルバスがでてるようです。あらま。
http://www.stellartown.com/guide/access/
◎入場間際のキャラリー入り口、とショウウインドウ、展示風景、ショウケース。撮影OKなのですが、少ししか絵を撮り忘れていた。そして、多くの作品を描き出したペン軸など。カップの中は使用後のペン先?
坂口さんの作品をお好きな方はぜひ、ちょっと無理をしてでも覗いてみる価値はあると思います。初めて見る方も・・・。
後2日。イブとクリスマスですけどね。
明日は、「フームーン」の上映とトークがあるみたいです。

◆『はじめての坂口尚 展』
◎会期:2016年12月23日(金・祝)から25日(日)の3日間。
◎開場時間/12:00~19:00(予定)
◎会場:ノースギャラリー(さいたま市 プラザノース 2F)
http://www.hisashi-s.jp/information/
↓アクセス
http://www.plazanorth.jp/access/access.php
↓トピックス
http://www.hisashi-s.jp/topics/
↓Facebook
https://www.facebook.com/hisashi1946/

プラザノースと土呂駅を間に反対側にある「さいたま市立漫画館」(北沢楽天ゆかりの美術館)があるのを知ってせっかくここまで来たからと寄ってきた。