るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 267 | 268 | 269 |...| 302 | 303 | 304 || Next»
yuuyake出勤朝と帰宅夕
まだ色づいていませんがグミですよね。一ヶ月前、咲き誇っていた花が実を結んだと言うわけなのね。多少雲が目立ちましたが、心地良い1日。
sun
きのうの深夜はこのあたりには雨もそれほど降らなったような、道路は濡れていなかった。出勤時の近所の軒先の花がいくつも開いていた。
帰宅時の夕暮れは、それらしい夕陽だった。まあ、心地良い1日だったかと・・・。
0529朝と夕
午前中は天気も良く、午後、曇り始めるが昨日とは違い今日はまだ雨は降らず、どうやら深夜に来る!かもしれないようだ・・・。それにしても午後には強風が吹き怪しげな天候ではあった。朝垂れていた柳も帰宅時には風でかなりなびいていた。

05/28: 夕焼け0528

nakano
午前中天気良かったのに予報通り午後には土砂降りの夕立ち。
帰宅時には洗われた街に・・・。
kaimono
※少し暖かめだけれど気持ちのよい天気で、布団干しとかよく見かける。
※工業高校の掲示スペース。学校で作った製品でしょうか展示してある。
※そこに定時制の生徒募集のポスターが張ってあり、よく見ればこのイラストは樹村みのりさんでは・・・。
sansaku
いい加減耳寂しいので携帯ラジオを買いに新宿に出かける。
※出掛けにポストをみたらヤモリ(だよね)がいた。郵便物を守ってて欲しいけど、帰ってきたらいなかった(留守にしてた?)。
※新宿に昼間に行くことはあまりなかったので西口方面いろいろ高層ビルが建ている(随分経つのかも)。携帯ラジオ購入。ヤマダ電機はいつ頃できたんだろう。
※歌舞伎町の新宿コマのあった処。解体して更地になり工事中。
どうせ出かけるんだからと映画でも観ようと検索していた。その映画が始まるまで時間があったので、ディスクユニオンを物色。見逃していたアニメ『戦場でワルツを』買う。
※◆『捜査官X』(PG12)ピーター・チャン監督(香港/中国2011)
2012/04/21に公開されてるので結構人が入ったのでしょうか。この新宿ミラノ3では他館よりの継続公開初日?(夕刻から2回公開)
東野圭吾『容疑者Xの献身』と混同してはいけない。内容は捜査官の謎解きで始まるが全体的には武侠映画。PG12指定〜12歳未満(小学生以下)の方は保護者同伴が望ましい作品〜だけあって、エグいシーンもけっこうある。金城武の「情より法」の捜査官と正当防衛で凶悪犯を倒した紙貼り師?ドニー・イェンの謎をめぐってぶつかり合う(金城くんはカンフーしません)1917年中国の田舎の村での話。役者さん皆さんよろしいです。村のシーンも美しいし風俗?も新鮮。クンフーもの好きでなくても楽しめると思います。オススメです。そうそう、パンフ見るまで分からなかったけどジミー・ウォングも20年振りに復帰出演(体型が違う〜)。
ウォン・カーウァイの新作『ザ・グランドマスター』(『一代宗師』?)も武侠映画らしいので(来年公開?)楽しみである。
今回の予告の中で見てみたい映画「スノーホワイト」(今年はもう1本白雪姫ものが来るみたいですね。グリム童話誕生200年と言うことらしいけど)と「プロメテウス」かな。

05/25: 夜の薔薇

yoru
気温的には過ごしやすいのだけれど小雨シトシト金曜日、空は灰色だし写真を撮るのも意気が上がらない。
帰宅時に人様ん宅野塀にバラの花が見事に咲き誇っている。でももう夜の7時、街灯の光で私を見てと主張してるようだ。そうか、夜の暗闇でも花は咲いているのだ(例外はあるかも知れないけれど)。
akai
朝夕は気持ちいいですね。
《画像》人様んちの花ですけれど、なんという植物なんでしょう?外国種?鮮やかです。
kakudo
昨日は梅雨のような雨と寒さでぶるぶるしていましたが今日は打って変わって10度以上気温か上がるという。確かに日当たりは暑かったが日陰は涼しかった。日がかげれば平年通りなのか過ごしやすかった。
通勤途中の坂道の画像だがコンクリート石塀に綺麗に角度をつけて成長している。何か理由があるんだろうか、あるんだろうな・・・。
turii
遠くから眺めた程度でよく走りませんが高さはムサシでしたっけ。高所恐怖症だからなあ。風が強いとエレベーター止まるみたいだし、エレベーター代けっこうするそうだし、それにしても何であんな地味な色なんだろう・・・。
東京ダワーも上京して随分たってからのぼったからなあ。眺めてるほうが僕には合っているかな。今はこの写真でいいかな。地下てる通路の広告を立ててみました(笑)。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 267 | 268 | 269 |...| 302 | 303 | 304 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。