るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 232 | 233 | 234 |...| 284 | 285 | 286 || Next»
nakano中野サンプラザ広場
明日・明後日(10/13・14)と「東北復興大祭典なかの」というイベントがサンプラザ広場をメイン会場に開催されるようです。
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/508000/d015286.html

10/11: 夕暮れ1011

nakano夕5時頃/その20分過ぎ
浮世絵風景図のような空に見えたけれど、カメラに記録されていたのは血しぶきって感じでちょっとビビる。
hoikuen
かわいい。

10/09: 輸入LD

ld
◆『LEGEND』
「レジェンド/光と闇の伝説」リドリー・スコット監督(1985米)
日本公開は1987年で、公開前に輸入盤のこのアメリカ版を見た。もちろん英語は解らないので、イメージを膨らませなから推測した。映像的に(音響?も)素晴らしかった。
最近、Blu-rayで少し長いディレクターズカット版が収録されているようで、せひ見てみたい(Blu-ray再生機持ってないけど)。ラストとか音楽の違う国際版(英)より、思い入れがあるせいか雰囲気はこちらの版がすきですね。
◆『THE CLAN OF THE CAVE BEAR』
日本では未公開のようだしソフトも出ていないようです。ダリル・ハンナが出ていたので購入したと思います。内容は言葉を持たない時代の話なので輸入盤でもOKだったように思う。見てみたら語りとセリフが現代訳の英語字幕で入っていた。
◆『ONE MILLON YEARS B.C.』
LDが時代遅れになり、中古店にかなり安値で出てたので、ジャケット目当てで買いました。「恐竜100万年」ラクウェル・ウェルチですね。昔見てるのでまだ見ていません。
・・・輸入盤だからと言うわけじゃないだろうけれど、LDのハードのほうが調子が悪い。

10/09: J.J.ケール

tulsa
◆DVD「トゥ・タルサ・アンド・バック」 J.J.ケール
昔よく聞いたアルバムがあり、それが彼なんだけれど。初めて動いているのを見た。マイペースな感じのいい感じのおじいちゃんでした。ツアーを追ったドキュメントもので、故郷のタルサ(オクラホマ)での昔語やら人となりを知ることができる。
このDVDは2004年のツアーの時のものですが、8年経って74歳?になった今の彼が変わらずお元気で悠々自適あることを・・・。
nakano
〈散歩〉
中野北口からの新しい公園あたりまで「中野にぎわいフェスタ2012」というイベントをやっていた(昨日今日開催らしい)。お店が幾つかでていて、ステージでは演奏をしていた。公園の芝生では、シートをしいて家族がピクニック?天候もおだやかで・・。中野セントラルパークのオープンに合わせてのイベントか前から続いているものか知りませんが皆さん気持ち良さそうでした。
kawa
〈散歩〉昨日は、夜から雨が続いた、空気も澄み近くの川の水も透明だ。カモが数羽お食事中?ボクも食事に出かけた。
kinjyo
朝(といっても9時ころですが)、タバコが切れたので買いに出る。Tシャツても暑かった。いつまで暑いんだろう。
rikkyoukara環七陸橋から
描きなぐったような雲と夕暮れ。
nakano
気持ちのよい夕暮れ。
こんないい天気だったのに、今(PM8時ころ)、大雨ですう(一時的?)。早く帰ったので降られずにすんで良かった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 232 | 233 | 234 |...| 284 | 285 | 286 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。