るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 287 | 288 | 289 || Next»
「文藝春秋漫画賞」の受賞報告が載っていた。
mangasyou『漫画読本5』(文藝春秋新社1955)より
第一回の受賞者は谷内六郎氏。
選考員は飯沢匡、近藤日出造、河盛好蔵、横山隆一、吉川英治の各氏の選後評が載っている。
飯沢氏は、漫画の成分を、漫分(まんぶん)と画分(がぶん)に分けて解説をして居て面白い。内容と見せ方と言うことなのか?
しかし、賛否両論の中でタブロー的な谷内氏の作品に賞を与え与えたのはすごいなあ。漫画の広がりというか、アートに近づこうというのか・・・。
何にしろ、ストーリーマンガ全盛になる前の流れを感じます。

文藝春秋漫画賞1955年に創設、2002年3月1日に廃止
http://prizesworld.com/prizes/etc/bsmg.htm
※小学館漫画賞も同じ年の創設のようですが・・・。
こちらの受賞作は、『ブウタン』馬場のぼる。


kon
今度は◆『漫画読本5』(文藝春秋新社1955)より
飯沢匡さんが紹介している「カッパ川太郎」。
「小学生朝日新聞」((1951)に連載された作品で、紹介されているのは「泥棒かっぱの巻」4コマ〜20コマもの4篇。のどかな雰囲気といい話。
1954年?NHKテレビで放映されたとのことですが、それは〈連続漫画〉というもので、アニメとも違うようでどんなものだったんだろう。紙芝居的?
「かっぱ天国」の児童版。印刷が良い大判でまとめて読みたいものですが・・・。

※映画版「かっぱ川太郎」藪下泰司作画演出(1954)で19分の短編アニメが作られているようです。

〈参考〉
清水崑展示館(長崎)
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/828000/p006318.html

8
シンプルな線での似顔絵っていいなあ、
ミルコ・スツェヴチュツク「地球を湧かせた顔」の似顔絵。ドイツの方らしい。お上手。

50年代はマンガブームなのか。「漫画講義」の広告。通信教育だと思うけれど、内容は基本コマものなんでしょうね。どんなことを教えていたのか、教材とか興味あるけれど・・・。
前スレッドの続き。
この本は幅広く作品が紹介されていて面白い。
掲載作品のピックアップ。
ehon
◆「おんぶおばけ」横山隆一
おとぎプロによる映画版アニメのカット画面とお話が紹介されている。今年の2月「発掘された映画たち2018」という企画で上映されたようだ(wiki)。その後、TV版アニメも制作されたようだ。僕は共に見ていないけれど、この映画版のおんぶおばけは全身緑色のようで、TVとはキャラ設定が違うかもしれない。
◆『小さなマドリーヌ(=げんきなマドレーヌ)』ルドウィッヒ・ベーメルマンスの絵本の2色刷りの所を抜粋収録したのか、12pに24p分を再構成して掲載(絵本は48p?)。可愛らしい!
何冊もマドリーヌのシリーズがでているようですが、最初の本は来年で出版80周年とか・・・読み継がれている絵本のようで絵本の方も読んでみたい。
bunsyun
◆『文藝春秋 漫画読本8世界漫画特集』(文藝春秋新社1956)表紙/横山泰三
海外マンガが雜誌全体の4分の3くらいのスペースで紹介されている。
その中で印象ある作品、ボリス・アルチバーシェフ(ロシア出身の風刺画家?)の
〈戦争〉から戦車、〈怪物〉から圧搾機。
他に10数点作品が紹介されているけれど、もっと作品も見てみたい。

しかし、今日も暑すぎ・・・。
kouyen
公園にて。近くに水飲み場。水を求めて。
子どもたちは噴水のまわりで水遊び。
tenji
髙山さんの展示会に行ってきた。
マンガ原稿と新作イラストの展示。少し前になるけれどちょっと前の青林工藝舎の単行本ほか、髙山さんの海外作品の再録掲載「アックス」など置いてありました。
イラストとして描いたことがあまりないとおっしゃっていましたが、
細密に描かれた新作の2作品はすばらしかった(色鉛筆他による)。SFやら時代的に仕事がないそうですが、こういったイラスト絵もっと描いてほしいと思いました。

◆『髙山和雅個展』
◎ 2018年6月30日(土)から7月15日(日)
 ※12:00から19:00 (毎週月曜日定休)
◎東京・南青山/ビリケンギャラリー
http://www.billiken-shokai.co.jp/billiken_files/gallery/gallery_index_flame.html
saisoku
今日も風が強い。陽射しは暑い。
6月の梅雨明けは、初めてとか。
涼し気な川の流れ・・・。
sera
映画監督に組む作曲家がいるけれど、リュック・ベッソン監督の場合、このエリック・セラでしょうか。ほぼすべての映画の音楽を担当してる。
とりあえず暑いので涼し気なブルーのものからBGMで流している。
aozora
暑いけれど、強風が部屋を舞う。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 287 | 288 | 289 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。