るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 254 | 255 | 256 || Next»
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
fuukei
ワイドでとれればいいんだけれど・・・。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
atui
暑い暑い。
talk
「青虫」というのは『昭和漫画館青虫』で施設の漫画館。
http://www16.plala.or.jp/aomusi-0064/
今回、「第20回文化庁メディア芸術祭」で功労賞を受賞、そのトークがありました。
http://festival.j-mediaarts.jp/award/special_achievement/
登壇したのは、左から、モデレーターの藤本由香里さん、受賞の高野行央さん、みなもと太郎さん、夏目房之介さん。
高野さんは、自分では手に入れた漫画を読まないそうで、空気・匂い?時代感覚で、好みの漫画を収集しているそうだ。世に知られていない昔の貸本作家やら興味があるらしく世に知らせたいとのこと。共感します。
そんな「青虫」のその成り立ちや、「青虫」に行ったことのある、他のお三方は研究にはいかに面白い所か語られました。行ったことはないのですが面白そう。でも、行くのが大変そうな所にあるようで・・・。

「文化庁メディア芸術祭」の展覧会の方は、9月28日まで。写真撮り放題だし、気になっていた「シン・ゴジラ」のしっぽの造形も見られましたし、楽しめました。
poem
今日は「マッチの日」だそうで・・・。
昔、阿佐ヶ谷のGALLERY AND COFFEE SHOP「Poem」のマッチ箱(無料ではなかったと思うけれど)。
ケースのイラストは〈燐寸美術館③「若者たち」より、わかもと達とマスター〉永島慎二。イラストに❜71.1とあるので当時上京した頃のものか。
阿佐ヶ谷の店は随分前になくなりましたが、高円寺、新井薬師ほかpoemのチェーン店は健在ですね。

マッチは使わなくなったのは何時頃からなのか久しいなあ。・・・そういえばマッチ持っていないんだった。
マッチ箱にはマッチ棒の代わりにペン先入れになっていましたが、これも使わなくなるのだろうか・・・。
kitijyouji
◆「エイリアン コヴェナント」リドリー・スコット監督(2017)
前作「プロメテウス」を見て予習しておけばよかったなあ。「プロメテウス」から⑩年後の話。ま、いろいろあってエイリアンが誕生するわけです(エイリアンは人肌エイリアン含め容赦なく怖いですけれど)。でもエイリアンというより、前作でもそうだったようにアンドロイドのお話であります。個人的には好きな話ですけれど、ちょっとえぐいかも(R15+)。でも、この作品三部作と言われてた気がするんだけれど。うまく「エイリアン」(1978)につなげて欲しいです。

吉祥寺オデヲンで見てきましたけれど、coming soonに「きみの声をとどけたい」のポスターが・・・ラクガキが(^_^;)。

09/14: 夕焼け0914

mijikai
昨日も夕焼けだったなぁ。
シャッターチャンスは短い。
vurari
雲が清々しい。
今日が最終日の山田雨月展「ぽたかふぇ」へ。避暑で読書す。
雨月さんの小さい絵が増えている。
雲で覆われた帰り道、公園の枯れて伐採されてた樹、根っ子から切るんじゃなかったのね。生きてたものね。
musimusi
前線移動、雨はやんだが、蒸し蒸し・・。
明日はカラッと青空秋日和?
toriyama
◆『銀河パトロール ジャコ(特装版)』鳥山明(集英社2014)
昨日と同じく、古書(おまけがついていないので安い)。
こんな本出てたんだという、最近の漫画状況に疎い私。
久しぶりに鳥山明さんの作品を読む。「アラレちゃん」風味でしょうか・・・だらだらしたパワーアップアクションバトルは好きではないので、安心して読め楽しめめる子供マンガ。そして、「ドラゴンボール」のスピン・オフだったのか・・とちょっと感動。でも、おまけのエピソードを読んで、ドラゴンボールは「スーパーマン」へのオマージュなんか?・・・おまけページは〈マイナス〉だけあって蛇足だと思うな。ない方が本としてもまとまっていると思うし(ああ、カカロットのしっぽか)。
「ジャコ」は「雑魚」から来てるのかな。
何にしても鳥山さんの新作(ちょっと前のだけど)が読めて嬉しい。
ruten
持ってる本より綺麗そう。
このまま保存版でしまっておこう(^_^;)。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 254 | 255 | 256 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。