Archives

You are currently viewing archive for March 2015
kitijyouji
◆ヨシカワゴエモン×belne二人展「北極ジャングルⅥ」に行ってきました。
●明日の4/1(水)12:00 ~ 16:30まで。
●吉祥寺/リベストギャラリー創
http://www.libestgallery.jp/index.html

※吉祥寺に言ったのに井の頭公園の桜も見に行かずだらだらおじゃましてました。歩きまわるには花粉症が怖い・・・。
tenji
総武線を東に川沿いの満開の桜を車窓から眺めながら、水道橋で下車してクラインブルーへ(お茶の水からの方が近かったかな)。上村さんの作品は20点ほどの女性の艶っぽい扉絵・カバー絵を拝見してきました。ほんとに隠れ家的なお店です。
◆『上村一夫原画展「扉・絵」』
場所:神保町クラインブルー(cafe&bar)
期間:今日~4月19日(日)まで
時間:12:00から24:00(月-土)、12:00から19:00(日・祝)
http://www.kamimurakazuo.com/news/post_70.html
http://kamimurauranissi.blogspot.jp/
※先の話ですが来年の1月には「弥生美術館」での展示お会も企画されてるとのこと。
hikaritokage
ちょっと前の本ですが・・・。
◆『「新寶島」の光と影 謎のマンガ家・酒井七馬伝』中野晴行(小学館2011)
『謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影』(筑摩書房2007)として単行本で出された本の増補改訂版。戦前戦後と漫画・アニメ・紙芝居と関わってきた酒井七馬という描き手を追ったドキュメンタリー。人との関わり、手作りな時代の愛惜と面白く読みました。
heiwanomori
・・・でも花見にはちと早い。
ソメイヨシノ。
こちらは満開ユキヤナギ。
nakano
流れ星のような・・・。
nakano
雲ひとつない青空で外出日和なのだけれど花粉大敵でこそこそ出かける。中野通りの桜はまだ咲き始め、4月の初めの[桜まつり]は咲き頃かも。食料買うだけではすまず、ワゴンセールでCDを数枚。
◆『Du Jazz Dans Le Ravin』Serge Gainsbourg(1996)輸入
ジャケットで選んだのだけれど今は亡きセルジュ・ゲンズブールとは知らなかった(そう書いてあるけど、無精髭姿しか知らなかった)。ソフトな声でジャージーでいい感じ。

03/25: 空0325

kouenji
青空が澄んできもちいいけれど風が少々冷たい。

03/24: 空0324

nakano
何かがやってきそうな黄昏時。

03/23: 開花宣言

gakkou
確かに桜の花が開いていた・・・でもメインはまだ蕾。
枝の剪定?そんな季節なんでしょうか・・・。
あったかな夕刻。
sekai
クラウドファンディングにおいて短期間で目標金額達成とのこと、期待と注目のあらわれなのでしょうね。素晴らしい。
↓[片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援]
https://www.makuake.com/project/konosekai/
※まだまだ、いろんな応援が必要だということですが。

90
ラジオのAM/FMで90時間放送とかやたら言ってるので、何かと思えば今日がラジオ(NHK)開局の日で90周年ということなんですね。90時間の一部しか聞いていませんが、ラジオの昔語りとか面白かった。
電池は予備をストックしておきましょう。
hiroba
まだでした・・・。
yonezawa
トークイベントと共に原画などみてきました。
トークは三原順作品を初めて読む人、読み返す人のためのおすすめ作品等についての話題。出席者は立ち見も多く盛況。
原画は小品も含めカラー作品など見ごたえありました。原画の入れ替えもあるようです。
◆「没後20周年 三原 順 復活祭」
●開催中2015年5月31日まで ※火・水・木が休館日
●米澤記念図書館
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-miharajun.html

03/20: 開花間近

hiroba
ソメイヨシノ。
ドブ川餌多い?
陽はのぞかず。
ichirou
◆『続・星に唄おう』荒木一郎(2002)
60年代の自身の担当するラジオ番組での楽曲をピックアップ編集した音源を収録。
◆『Z.pac/荒木一郎の世界 』(2001)
1969年の自主制作のカートリッジテープの復刻とのこと。

※地デジ化でサービスも終わりTVが見られなくなりラジオ中心の生活に・・・。
当時、ラジオ番組で聞いていたわけじゃない(と思う)けれど、曲をラジオで聞いで好きになったと思う。久し振りに聞いてみました。
深夜に聞くのがあってると思いますが、雨がシトシトと降ったり止んだりのこんな湿った日は昼間でもしみて聞けます。
荒木さんは多彩で、小説やらも発表してるし(読んでみたい)、今はマジックの方に力を注いでいるようで・・・。

03/18: 桜の蕾

hiroba
こんなに4月並みという暖かい日が続けば桜も花開いているのではと思ったけれど・・・。

03/17: 暑い日0317

kinjyo
何の看板かと思ったらiPhoneの広告だった。古いiPhoneで撮ってみた。
暖かく、花も開く。
cd
◆『THE ZOMBIES Odessey and Oracle』(1992)
ビートルズやローリング・ストーンより、どちらかと言えばこちらのほうが好みのゾンビーズ。
◆『WHAT THE WORLD NEEDS NOW…」(1998)
バート・バカラックのトリビュート・アルバム。ジャック・デイヴィスのイラスト。
minikomi
一緒に並べるのもなんですが・・・二誌とも定期的に発行していて頭が下がります。
◆『ビランジ 35』(2015/3/12)
漫画などの研究誌(送料無料240円にて入手可能)
http://www8.plala.or.jp/otakeuch/index.html
◆『漫画の手帖 69』(漫画の手帖事務局2015/3/28)
漫画情報コラム誌?(150円/即売会や特定書店にて購入可能)
即売会ではコミケスペシャル6(幕張メッセ)の一日目28日が初売りのようです。
↓◇「コミケスペシャル6/OTAKU SUMMIT 2015」(3月28/29日の二日間)
http://cmksp.jp/cs6/w/opening/

03/15: 黄昏時0315

syoukouen
風もなく多少花粉はひかえめ・・・。
ベンチの下のたんぽぽ。
pinkunohanabira
近所しか出かけない。
kouenji
陽が陰り始めて出かける。
sakura
中野/平和の森公園にて満開の1本。
ソメイヨシノはまだ蕾。
etoeiga
・・・ということで、絵と映画をみてきました。
◆「有楽町で逢いましょう」(唄/フランク永井ですね)の記念碑。
◆萩尾さんの原画展に行ってきました。昔の馴染んだ?絵もあって嬉しかった。
『萩尾望都 原画展 ~『銀の船と青い海』出版記念~』 ~ 3月15日(日)まで。
※会場/銀座 画廊 スパンアートギャラリー
◆『ソロモンの偽証 前篇・事件』成島出監督(2015)原作/宮部みゆき
最近は前後編の映画が多く敬遠してしまうのですが、この作品は出てくる生徒たちはみなオーデションだとかで、演技も評判が良いので新鮮さを味わえるかと観てみました。お話は1人の生徒が転落死して自殺か他殺か生徒たちだけで裁判をする話で裁判に雨後しだした所で続く・・・でも後編がどんな展開になるのか見逃せない展開でした。藤野涼子さん〔この映画がデビューで芸名も主人公の名に)はじめ生徒たちの頑張り、脇も良かったです。評価は後編次第。楽しみです。
今回鑑賞した丸の内ピカデリー1は大きな映画館だったので映画を見た満足感があった。

映画館を出たらもう日もくれていて、ああ4年前もこんな寒い日だったなあ・・・と帰宅。
heya
2015/03/10 日の出 6:00ー日の入り17:44
今日もあっという間に昼間が過ぎていった・・・。
外は寒い。

03/09: 雨模様0309

kinjyo
降ったり止んだり。

03/08: 川の底

myousyoujigawa
自転車が・・・。
fujiya     初めて見るコスプレ・・・マカロンラビット。

03/06: 空0306

kannana
朝のラジオで〈雲の階段〉だか〈雲のはしご〉だったかがきれいだと言っていて・・・窓を開けてもここからはそれらしいものは見えなかった。なんとなく想像はつきます。この画像は午後で違います。

03/05: 空0305

numabukuro
今日は月が小さく丸くなる日だそうで、昼間の満月を探してみたが雲のせいか見つからなかった。

03/04: 空0304

nogata
青空に乱れた雲が浮かぶ。
ひこうき雲も浮く。各所に飛行機の姿が4機確認できた。
昼間の月。円に近づいている。
kinjyo
ここのところ日替わりで晴れたり曇ったり雨だったり天気や気温が変わりますね。
今日はひなまつりですが縁がないので・・・民放ラジオの日だそうで。3.11震災以来ラジオっ子なもので。

03/02: 反射光

nakano
向かいのビルの暖かな反射。

03/01: 雨の日0301

kinjyo
あいにくの雨。雨なに花粉症か?目の周りに違和感。
体調すぐれぬのも花粉症のせい・・・。
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。