Archives

You are currently viewing archive for August 2013
nakano
一緒にはしゃぎたいところです。体を動かすのも面倒なのだが日差しは強烈だが風が強いのが少し救われる。
sinjyuku ogikubo
◆『マン・オブ・スティール』ザック・スナイダー監督(2D)を観る。旧作映画版の「スーパーマンⅡ」のグレードアップ版といったところでしょうか。持ち前?のスピードがでてて楽しめました。悪党?の扱いがなかなかでした。新しいシリーズとしては期待できると思います。
◆「もぐらたちのスタヂオ展」(荻窪ギャラリー・ゴーシュ9月4日まで)
懐かしいアニメ作品のストーリーボードやら、スケッチ、原画など作品点数は多いとはいえないけれど嬉しい感じ。お近くにお寄りなら覗いてみては・・・。
http://www.anido.com/information/3569

脱出したものの涼しくなってからの外の猛暑はきつい。

08/29: 残暑!

nakano
明日も暑いそうで・・・。

08/28: 広い空

nogata
雲が高みを流れているのか空が広い。もっとワイドに写真をお見せしたいところですが容量が足りない。
saitou「山本ニ三展」の図録も添えてみました。
◆『「絵映」山本二三・齊藤見佳』二人展(高円寺・ギャラリー ジュイエ)
紹介には知るのが遅かったけれど・・・今日最終日でした。
山本さんはアニメ作品の背景を多く手がけた方で見たことのないアニメのイメージボードとかもあり堪能ました。
巡回展をされていて今度は北海道帯広とか。
「山本ニ三展」
2013年9月7日(土)~11月13日(水)
北海道立帯広美術館
http://event.hokkaido-np.co.jp/nizo/

齊藤さんは細密画と版画。自然の克明さに感動してしまいます。

08/26: 秋の空?

nakano
今日も、過剰な暑さでなくて良かった。
ただ、まだ暑い日の予報が・・・。
nogatade
何日ぶりだろう、記憶も遠く部屋が30度を超えなかった良き日。
9月末の気温とか。他方で雨の危険ニュースを聞きながらも、睡眠を十分とる。
maturi
高円寺の阿波おどり(明日25日も)。金魚すくい。大道芸。近所の公園での盆踊りの準備。
この土日は日本全国イベント集中でしょうね。まだ、暑さは続くようだけど。
nirano新宿ミラノ2
映画◆『ホワイトハウス・ダウン』ローランド・エメリッヒ監督(米2013)
※エメリッヒ監督は大味だけど強引な大作づくりは解りやすくストレートにエンタメで楽しめた。「ダイ・ハード」+「レオン」的?な話。
始まる前にフチ子さんの実写と合成の映画館注意事項案内が流れました。
※歌舞伎町のビルがまたひとつ解体されていた。ここにも新しいビルが建つんだろうな。
atui
今日も暑い。
サンプラザ前の広場で涼む。
サンプラザの中にある、中野駅周辺の模型。北口にはビルが増えた。
nakano
降りそうなのを覚悟で外出。案の定、カミナリと豪雨。安売り珈琲店で人の流れなど眺めながら雨宿りをするも30分ほどでやむ。
少しは涼しくなって欲しいものだ。
sun中野サンプラサ
友人の上京にて待ち合わせ。昼間暑かったが日が陰り涼しげな風が・・・待つのものんびりとしてたのしい。
sinjyuku新宿ピカデリー
吹き替え版の3D映画を見るのは初めて。なるほど集中できて見易いですね(2回めだからかもしれないけど)。前回見た時より楽しめた気もする。2Dでもう一回みてもいいかなと思ったけれど近所じゃ上映していないのが残念。もっと子供(男の子?)にみてもらいたいな。
劇場にスーパーマンの人形が飾ってあった。今年はヒーロー物やらSF作品の公開が続きますね。
mgm2.01
◆創作漫画同人誌即売会『MGM2-01』(終了)
板橋区立グリーンホール

※楽書館としての新刊はありませんが参加します。

終了しました。来場、スペースをのぞいてくださった皆さんありがとうございました。お疲れ様でした。

次回『MGM2.02』は、2014年3月21日(金・祝)同じ開場にて。

bigsaito
昼頃到着。
※同じ開場のビッグサイトでポケモンのイベントがありお子様が多くいつもの即売会と雰囲気が違った(他に鉄道模型のコンベンションもあった)。入場口では、コスプレ?のお姉さんが招き入れていた。コミティアはそんなことはない(コスプレ禁止だし笑)。
※展示ブースでは、おおやちきさんのミニ原画展示。作者を知ってる人は覗くでしょうけど知らない人に覗いて欲しかったですね。
※「辺境屋」さんの展示。プロジェクターで動く絵を写していた。絵をバックに写真をとることができた。
画像の右奥のほうでは、「ふくしまへ まんがの力 絵の花束」展。高橋留美子、樹村みのりさんらの原画も・・・。
周りでは、3000以上のサークル・個人がオリジナル同人誌の即売をしてます。
知り合いのところをまわるだけで疲れてしまった。これではいけないね。新しい作者・作品を見つけて楽しまなきゃ。
nogata
爽やかそうに見えるけれど風はなまぬるく、気持ちはよろしくない。
hirata
◆『闘魂』平田弘史(光伸書房 東京日の丸文庫1964?)
後に『週刊少年キング』(少年画報社)にて1969年〜連載された代表作と言われる「弓道士魂」の元になった作品(だと思う)。貸本作品にはこういった描き直した作品ってたくさんあると思う。別にネタが無くなったというわけでなく、面白かったから広い舞台で発表ということだろう。この作品も面白い。「やさしくおもしろいもの」をということで絵のタッチを変えていてそれも面白い。雑誌版を読みたくなってくる。平田さんとは雑誌版のこの作品が出会いでした。
nakano
昼間は冷房のある所で喫茶して、帰宅途中の公園で一服。
陽が陰り心地よい風がでて抜けのんびり。
部屋に帰ればまた猛暑。
nogata
外は夕刻、風も出て少し穏やか。
でも今週は日中は猛暑になるやらならぬやら・・・。
◆『コミテイア105』~ビッグサイト
今回も新刊がなく、参加を控えております。

※お疲れ様でした。一般で行ってきました。1週間ほど前のコミケほど暑く感じなくてよかったですね。
人の数のせいでしょうか・・・。
kitijyouji 吉祥寺バウスシアター
この監督の作品を見るのは「天国の日々」 (1978)以来だから、かなり久しぶり。
◆『トゥ・ザ・ ワンダー』テレンス・マリック監督(米2012)
復活したのは知っていたけれど前作の「ツリー・オブ・ライフ」 (2011)は知らずに見ていない。「シン・レッド・ライン」 (1998)「ニュー・ワールド」 (2005)はDVD持ってるのにまだ見ていないという(脚本の「ベアーズ・キス」は見たけど)。
見たいけど重そうだから見ていないのか自分でもわからない。
随分昔とは違うような、しかし、自然光を使った撮影、シナリオを使わず俳優にキャラクターになりきらせ、演技に見える所はフィルムから排除するという演出。なるほど美しく演技は自然でした。お話はああってないような案外単純な話のようで描かれた意味は深いようです。よくわからないのでパンフ買って、それでもそうなのか、とでも見返さなければわからないな・・・と。でもそれはDVDになってからでいいか。なんにしても美しい映像が印象的。
myousyouji
豪雨あり。停電とか、水の浸水とか被害が出てる模様。
豪雨のあと2時間くらい過ぎているので、ほぼ川の流れもおさまってるけれど雨のピーク時のはかなり上昇したものと思われます。
最近、雨情報アメッシュとか見ることが多くなった。
big
行って来ました。朝のうちは良かったんですけれど、後はもうろう。
会場内から。別に停電じゃありません。肖像権の事を考えて・・・です(笑)。
雨雲は会場近くで少し振っただけで消えたとか・・・。
帰りの空ももよう。

まだ明日1日あります。僕は参加しませんが暑さに大注意です。

asagaya
2度目。映画の帰り寄りました。阿佐ヶ谷は七夕祭り真っ盛り。パールセンター通りはいろんなデコレーションがぶら下がって出店もでて盛況。しかし、増して暑い。ギャラリー喫茶「cobu」にて落ち着く。
http://katubou.jugem.jp/?eid=553
※勝川克志原画展は後3日で〜13日(火)まで

※阿佐ヶ谷「七夕まつり」は明日(11日まで)
shinjyuku新宿ミラノ
昨日に増して暑いというので映画館へ。(歌舞伎町の建設ビル、少しずつ高くなったかな)
ゾンビ映画と言われる『ワールド・ウォーZ』マーク・フォースター監督(米2013)。今日が初日。2Dで観る。ゾンビ映画は苦手の方で、怖かったですね。なんといっても菌の発症者の動くスピードが早すぎるし噛まれて発症(ゾンビ〜Z化)まで10秒?(僕は絶対生き残れないですね〜笑)。まあ、このアンデッドも弱点?がありそれをブラッド・ビットが世界をまわり究明していくという話。「パシフィック・リム」とは方向が違う世界崩壊ものですけれどこの作品の集団ゾンビはすごかった。マンガと劇画の面白さの見せ方の違い?
ちなみにフォースター監督は好きな監督さんなので観に行ったのですが楽しめました。
劇場内のディスプレイ。「ウルヴァリンSAMURAI」も観てみたいな。
shinjyuku新宿ピカデリー
今日は朝から危険な暑さでしたね。早々と映画館に逃げ込む。
予告編にあるように実に迫力ある想像どおりの重厚な映像づくりで満足しました。
他のイェーガー(ロボット)たちの活躍をみたかったけれど、まあそれは惜しまれるところがいいのでしょう。吹き替え版も見に行かなくてはね。
置いてあった丸紙うちわ。入り口でいただいた寺田克也氏のイラストポストカード。
nakano
避暑で喫茶店に行ったけど冷房効きすぎて長居できなかった・・ううう。
kouenji
・・・暑うございます。
思ったより暑く感じなかったのは、慣れたせい。
shibuya
◆『虫と・・・』展
場所・南青山/ビリケンギャラリー~8月11日(日)まで
http://www.billiken-shokai.co.jp/billiken_files/gallery/gallery_index_flame.html
※今日は降るかなって思いながら渋谷へ、歩いてビリケンギャラリーまで行って来ました。『虫と・・・』展は24名のアーティストによる34店の作品。絵や立体など虫に関する作品はバラエティにとんでて楽しめます。近くにお寄りの方はのぞいてみてください。ぼくは芋虫毛虫嫌いなんですけどね。
※中野で空模様があやしくなり、夕立雨宿り。
yasui
久しぶりにワゴンセールとかで安価なCDをどっさり買ってくる。その中でいいね!と思ったアルバム。
◆「Julia Fordham(ときめきの光の中で)」Julia Fordham (1988)
聞いたことがあるような・・・。
◆「And She Closed Her Eyes(瞳の中で・・・)」Stina Nordenstam(1994)
「スウェーデンのビョーク]と言われているようです。可愛い声。
◆「Songs of Sanctuary(聖なる海の歌声)」ADIEMUS(1995)
民族音楽的、ポポル・ヴーとか思い浮かべる。
◆「パンフルートのための協奏曲」ザンフィル(1993)
牧神の笛ですか、音色いいですね。
◆「ヤ・チェブラーシカ~僕はチェブラーシカ」オリジナル・サウンドトラック(2008)
キャラやアニメもいいですけど、楽曲も好きですねー。
nakano
思った以上に今日は暑かった。
kinjyo
部屋にいるより涼しいかと公園へ。先客あり。
heisa
暑い日には、この作品がいいかもと・・・。
◆『遊星からの物体X』ジョン・カーペンター監督(米1982)
B級ですね、やっぱ。そこがいいんですけど。
◆『シャイニング』スタンリー・キューブリック監督(米1980)
長尺版で見ましたけれど、違いにあまり気が付かない(忘れてるし)。劇場でみたい広がり奥行きのある映像。
涼しくなったかはともかく、飽きずに見られました。
nakano
路傍といっても人様の庭からのぞいている花です。
今日は、いくらか涼しい・・・けど、体力のほうがついて行かない。
nakano
花も少しずつ散ったり萎えたり色がくすんでいる。公園で赤とんぼが飛んでいた。
向日葵は堂々としていた。
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。