Archives

You are currently viewing archive for April 2013
nakano
雨が降りそう。
カラスの大量?死はその後どうなりましたかね。気になる。
yamamoto
◆『Sunny Sunny Ann!』山本美希〈講談社2012)
手塚治虫文化賞・新生賞を受賞されたようで・・・掲載時の切り抜きで持っていたので〈どこかにある〜笑)単行本は買っていなかったのだけれどこの期に購入。車で生活するアンの自由と出会いのロードムービー話。通して読んだら未読もあったけど面白さ増幅。受賞後第1作とか見たいですね。
manngetu
今日というか昨日の月が大きくオレンジ色でホラー不気味だった(上手く撮れてないけど)。・・で、同じくオレンジ色のゴジラ(バーニング?)ゴムボールを添えてみました。
朝夕まだ寒いですね。
《コミティア104/ビッグサイト》
※楽書館は新刊がありません!ので参加をひかえております。

終了しました。お疲れ様でした。
koudan2
◆『夜はそのまなざしの先に流れる』空気公団(2012)
今はダウンロード版の方が安い(まあ、パッケージないわけですから)。ますますCD売れなくなりますね。最近はジャケット表にタイトルも何もないのもあるんだなぁ。
テレビやラジオを消して、じっくり聞いてました。やはり、しんとした夜に聞くのがいいですね。
man新宿ミラノ(クリアファイルいただきました)
日本先行公開(1週間早い)ということもあって、早々と初日に観て来ました。
◆『アイアンマン3』シェーン・ブラック監督(米2013)
スーパーヒーロー娯楽作なのであれこれ言うこともないと思います。セリフで「アベンジャー」(もう忘れてる)のこととか語られたりしますけれど、単品で十分楽しめます。今回スーツが主役って感じでますますゴージャスになり面白く見られました。「アベンジャー」や「マイティ・ソー」など続編がラインナップされてるようで今後も大作の映画化でアメコミファンにはたまらないことでしょう。

04/25: ミュシャ

takaraTAKARA/海洋堂
そういえば『ミュシャ展』開催してましたね。
これは、2005年の『ミュシャ展』にあわせたものかな。
海洋堂、見事ですね。
(背景は今日の空です)

このフィギュアは売ってませんが、現在開催中。
『ミュシャ展』六本木・森アーツセンターギャラリー〜5月19日(日)まで
http://www.ntv.co.jp/mucha/
wakusei
「猿の惑星」でした。何作目だったでしょうか、地球に降り立つ話。

04/24: 誰?

dare
ヘルメットを取るまで忘れてました。
バックは今日の空、雲が勢いよく移動して巻いた。今は雨振ってます。
tuburaya
名前が出てこない。円谷プロ作品の怪獣?ヨネザワ製?。
bandai
パッケージ無しで購入したものでキャラクターの名前は知りません。きっと、戦隊物とかライダーものの敵キャラだと思います。敵キャラって造形が面白くフィギュアにして貰いたいものいっぱいありますけれど・・・。
※フィギュアのアップが続いているのは部屋の整理をしてるからです。
gizzu
「エイリアン」の仮想バージョン?フィギュア。動物や昆虫がエイリアンになったらというデザインで、想像を超えたものもいて面白い。海外トイでギミック付き。
フィギュアオリジナルかコミックでも出ててつくられたんでしょうか・・・。
katazuke
蓄光ゼンマイトコトコ人形。昔、ドン・キホーテで購入したと思うけれど今も売ってるのかな。目玉と心臓のモンスター?ですけど、他にも内蔵もので売られていたような。
ucc背景はパソコンの壁紙。
今度はHARLEY-DAVIDSONのフィギュアか(110thアニバーサリーコレクション8種)。よく出来てます。UCC缶コーヒー。

中国・四川省でまた大きな地震があり痛まれます。続きますね。地球は大丈夫なんでしょうか・・。
shinjyuku新宿ピカデリー
映画館のはしごをしようと朝一で観に行った・・・
※◆『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』ベン・ザイトリン監督(米2012)
6歳の少女の話なんですけれど、ファンタジーとおもいきや結構社会派でした。内容は土地と父娘の絆の話と言いましょうか・・・良かったですよ・・・。主演の彼女が成長したらその後の世界もとって貰いたいな。
※ヤマトのフィギュアケース・・・『ヤマト2199』は見てませんが向かいの上映館でやっていて、終了時間が同じで年配の方たちがぞろぞろ出てきました。売店ではヤマトグッズが一番多かったなあ。

・・・結局、睡眠が足りなくてか眠くて1本だけ見て帰って来ました。
nakano
どんよりとした空と寒さがもどる。
あまり遠くへ行きたくないな。
こういう時は健康第一。

04/18: 最終回

big
「ビッグコミックオリジナル1160」(小学館2013)
「愛・・・しりそめし頃に・・・」最終回に向けての84名の著名人からのメッセージ掲載。
「ビッグコミックオリジナル増刊1162」(小学館2013)
「愛・・・しりそめし頃に・・・(夢の99)最終回」藤子不二雄A
フルカラー4pを使って終了となっていました。
なんか唐突な感じで終わっちゃいましたね。
藤子Aさんとは、手塚さんの「MW」の実写映画の劇場試写の時お見かけしたことがあるだけですが、お疲れ様でしたー・・・と言わせてくださいませ。
steve
◆『ライフ・アクアティック』ウェス・アンダーソン制作/脚本/監督(米2005)
先日劇場でみた映画「ムーンライズ・キングダム」(2012)が気に入って同監督の作品をDVDで見てみる。海洋冒険家がパートナーを見たこともない〈ジャガーザメ〉にくわれてしまいその幻のサメを追い求めて海洋ドキュメンタリークルーと撮影航海に向かう。作られた映像世界(スタイリッシュ?)で淡々とししていてユーモアのあるドラマ演出は無駄がなく隅々まで楽しめる。有名俳優が出てるんですけてど地味でリアルに見せてくれる。面白かった。そしてお気に入りな作品となった。未見の作品が他にもあるので出会うのが楽しみだ。「ファンタスティック Mr.FOX」(米/英2009)はアニメ作品でこれも面白そうだ。
genpatu
◆『今日もいい天気〜原発事故編〜』山本おさむ(双葉社2013)
震災から去年の暮までの2年弱の原発事故の体験とその想いをドキュメントした作品。読んでテレビやラジオで見聞きしてたことを再体験することになった。まあ現状は今もかわらないのでしょうが、原発事故を振り返るのにはいい作品でオススメです。
山本さんの家は原発から70キロのところにあるそうでいらぬ被害に会ってしまったということですが福島に引っ越した当時の話?〜田舎暮らし編〜というのも出てるようです。知らない作品だと思ったら「赤旗」日曜版の連載されてたんですね。
nakano
藤とかたんぽぽ、シャクナゲの花とか・・・。今日は暖かだったですね。
mercedes
「メルセデス・ベンツ ダイキャストオープンカー」全8種(ジョージア缶コーヒーおまけ)
ダイキャストの微妙な重量感がそそられる。オープンカーだったし。
nakano
ブロードウェイ散策して寄って来ました。高田明美さんの作品展示。初期の頃のイラストから描き下ろしの新作まで(新旧のマミの違いは目の瞳孔の大きさで最近のほうが大きいのを発見〜笑)。きれいでした。複製版画ほか即売原画も含めて50点ほどの展示でした。関連グッズも展示。販売グッズもたくさん。
◆「魔法の天使 クリィミーマミ」30周年記念原画展
2013年4月11日(木) から23日(火)12:00 - 19:00
中野ブロードウェイ2階Gallery「pixiv Zingaro」
http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/creamymami/
もう一枚の写真は彩りで・・・。
maki
見て来ました。原画100点ほどに本や手づくりフィギュア数点。ロビーではちょっとしたムービーとグッズと即売本販売。僕は記念にギャラリー限定という小さなイラスト入りデミタスカップを購入(でも使わないだろうなあ)。他に限定私家版絵本なんてものも売ってました。
展示作品は前期後期と別れて公開というので、年代別かと思ったけれど違った。分け方不明。70年代前後から2012年の絵本原画まで。個人的には初期の作品「ピルクス街異聞」とか「やっぱりおおかみ」とか馴染んできました。
近くにお寄りの方はぜひどうぞ。
武蔵野市立吉祥寺美術館
2013年4月6日(土)-6月23日(日)入場料100円
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2012/12/post-107.html
asanisonorama
「サンコミックス」は朝日ソノラマの新書判コミックスで、マンガの新書判が出始めて最初の頃のマンガ単行本シリーズ。バラエティーに富んでいて思い入れがある。といっても初期のころを主に読んでいて(昔はカラーイラストが1枚扉に付いていてそれが良かった)、検索すると随分作品が出ていたんだなと驚かされる。SUN COMICSのロゴとマークはひとつのステイタス?だったと思う。
◆『先生に異議あり②』伊東愛子(1980)◆『ひいらぎ写真館』岡元あつこ(1977)
伊東さんも岡元さんも今はどうされてるんでしょうか。時代感はあるにしろ今読んでも十分楽しめるマンガだと思います・・・でも懐かしさ込みかもしれないけど。
nakano
朝寒かったです。ゴミ出しに出てブルブルしてしまいました。
明日も朝晩は寒く冷え込みの底とか・・。関東霜注意報ですって〜。

04/10: 雲0410

kouenji
腰痛なので近所を少しまわるだけだった。

04/09: 朝空0409

numabukuro
ひんやりとした街歩き。一日が始まる。
kouenji
風もなく天気はいいけどモヤッとした空の夕刻。小公園にて八重桜一本とおままごとの残りもの。

04/07: 風空

nakano
昨日の雨にはそれほど恐れるものはなかったけれど、きょうの強風には、アパートはゆれちょっと不安感。まあしかし風は強いものの濃い澄んだ青空に綿菓子のような雲が通り過ぎる。さわやかな感じがしないでもない。帰ってテレビを見たら昨日から雨風による全国的な被害が報告されていた。最近は風雨の被害が多く気温の寒暖の差も激しい。異常気象が普通になってしまうのだろか・・・。
furoku
昔の少女マンガから・・・。松本さんは上田としこさん(「フイチンさん」)の師匠に当たる方ですね。
◆『つの笛のひびき』まつもとかつぢ(少女ブックふろく全76p集英社1954)
王様を監禁して村人に悪いことをし放題の大臣をこらしめるために立ち上がる牛飼いの少女らの冒険。女の子版ロビンフッド?

※〈関連〉兵庫県立歴史博物館にて松本かつぢさんの展示会が開催されるようです。
2013年4月27日(土)~6月23日(日)
http://katsudi.com/event/1396/

04/06: 雨降り0406

nakano中野通りPM9過ぎ
外出。強風で大雨ということですが、今のところ、強風の兆候がないので嬉しい次第。無事帰宅。
nakano
中野桜まつりというのに中野通りの桜は葉桜となりつつあります。
天気良好なれど風が強く、広場に置かれたイスが風で移動してました。
こんな日に山の上ホテル(別館機械室?)が火事だとか・・・。
明日明後日と嵐になるとか・・・。

04/04: 街の彩り

nakano
晴天とはいえないけれど今日は昨日とはうってかわって心地良いてんこうで散歩したくなる。
黄色は山吹?/八重桜はこれから?
桃の花そろそろ散り始め。/花壇はさすが綺麗な彩り。

numabukuro
風も強く斜めの雨や、道路に流れる水やらで傘をさしても服や靴はびしょびしょでした。公園の桜はまだ何割かは咲いていて花吹雪。
nakano
久しぶりに雨の中を歩いたような気がする。花ちらしの雨でもありますね。
明日も雨とか・・・。湿っていてもなんですから、中野ブロードウェイに貼ってあった街の宣伝?ポスター(江口さんですね)。
kaho
今日のGoogleのタイトルデザインいいですね。マリア・ジビーラ・メーリアンという画家の誕生日からのようです。絵は見てるかもしれませんが名前に記憶はない人でした。
今、梨木香歩さんの『f植物園の巣穴』(朝日文庫)を読んでいてなんとなくつながりが(笑)。まだ半分くらいで、植物園の職員が穴に落ちてそのままクラクラくる幻想譚(帯には異界譚とありましたが)。アリス的なのかなあ、なんだか現状よくわかりませんがそれでもそれが面白いのです。
kouenji
今日は、あたたかで風も気持ちいい。ベンチの下とかにたんぽぽ。
春ですね。
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。