Archives

You are currently viewing archive for December 2012

12/31: 大晦日

komike
まもなく日の出/早いコミケ入場/日本とは思えないビッグサイトからの夕日。
・・・とう言うわけで同人誌即売会コミックマーケット最終日に行って来ました。
で、在庫ながら新しい読者の開拓をと大奮発で売って来ました。多少軽くなりました〔笑)。

12/30: 根をはる

kosame
朝の散歩。小雨降るなか今日もいくらか温かいような。行動力が気持ち高まる。
tenki
暖かさにさそわれてもったいないから陽の光を浴びに散策。でもあやしげな雲行きでかげるのも日が沈むのも早い。早々と帰宅。

12/28: 時計塔

nakano
中野サンプラザ前広場のからくり時計。
中野区役所前の〈憲法擁護・非核都市〉宣言塔。
今年も、あと3日(コミケっすね)。時の流れは早いもの・・・街を歩いてもそれほど年の暮れ感覚がない。コンビニはもとより正月も店を開けたりしてるのかな(けっこう稼ぎどき?)。
kouen
凧あげ、紙ヒコーキ飛ばし、ボール蹴り、なわとび・・・冬休み。午後の公園。池に氷。
風がないと随分寒さが違う。
samui
暖かそうな陽射しに外に出るや風が冷たいのなんの・・・。
暗くなり空を仰げばお星様いつもよりキラキラ。
nagashima上の2つは外装箱。パラパラ漫画に版画(違う絵も何種かあるようだ)と本体。
◆「永島慎二遺作集 漫画のおべんとう箱」(青林堂1974)
遺作集といっても、生前出されたものです。青林堂で一番リキ入った本ですね。1400p弱の重い本で、読むには辛い本ですね.本の厚さは8センチが限界らしいけれど12センチ弱ある(限界に挑んだ83センチの試作本もあるそうですkeど)。実際作品は読んだものが多く見知らぬページに目を通すのみだったのであまり本を繰ることは少なかった。しかし、時の過ぎるのは早いもの、シミやいたみやしまってあるうちに変化していた。
かって漫画の専門学校に行ってた頃講師でこられて、丁度その時この本が発行されているのを知って、1万円しましたけれど、購入したもの。不確かであるがこの時ご本人に青林堂まで車で連れて行っていただいた記憶がある。あれから40年近く経っているんだと感慨深しでうちにある一番高価で一番厚いマンガ本である。
読むには普及版が出ているので(絶版)それを読めばいいと思っていていたがまだ購入していない。内容って同じなのかな?とふと思う。
ibu>『Snow』クリス・レア
クリスマス気分ではないのですが、外に出たら冬晴れ。風が冷たい。
YouTubeでクリスマスソングを聞いて少し気分を・・・聞くのも今日明日くらいだからね。

12/23: 少年野球

yakyu午前10時頃
朝の外食に出掛ける。
野球にはそれほどの興味はないのですけれど、つい足止めを・・・いいですね。
曇り空ですけれど少し歩けばほっかほか。
sanpomiti
月に鉄塔/満ちた川に白鷺/路地に門?・・・そして早々と日が沈む。
寒いけど風がないので散策も助かる・・・。

12/21: MAYZON

mayzon
◆『夢見森 猫地区の御神木』MAYZON(小学館1998)
昔の本で古書で見つけたんですけど、どのジャンルに入るマンガなんだろう。少女まんがというよりバンド・デシネといっていいほど、克明に描かれたお話と絵に魅了される。動物たちの魂の集まる世界での猫キャラ中心のファンタジー。もう一冊連作シリーズが出ているようでこれは2冊目。ドラゴンやらロボット?やら妖精やらバラエティに富んでいて面白い。オススメ。MAYZONさんって名前さえ何と読むかわからない方ですがこれ以外描かれていない(本になっていない)ようで、これだけ描けるのだからマンガとは別の世界にいってらっしゃるかもね。

12/20: 寒々

yuugata
夕刻の公園ひとめぐり。

12/19: 新宿にて

eiga
◆『007 スカイフォール』サム・メンデス監督(英/米2012)新宿ミラノ3
オープニングタイトルまでのアクションは素晴らしい。恒例のタイトルバックの出来もいい(主題歌いいなあ)。ここまででかなり満足してしまう。後半ストーリー的にもいろいろ見せ場はあるのですが、最初が良過ぎでちょっと長すぎるかなーとか思っちゃいました。
※歌舞伎町の広場工事してましたね。たむろできなくするのかな?工事の端っこにこれまで気が付かなかったけれどハイチ地震災害の時に作られたのか災害の被害者やめぐまれない人のための義援金箱?がありました(新宿ライオンズクラブ)。
※「ビックロ」に行きました。といっても映画「フランケンウィニー」のアート展(~12月23日(日)10:00~22:00 入場無料)を覗いて来ただけなんですけど。人形好きな人はぜひという感じでした。グッズもいっぱい売っていた。映画見てから行ったほうがいいかもね。
ボクはコレを見てから映画見ましたけど・・・。
◆『フランケンウィニー(2D)』ティム・バートン監督(米2012)新宿ピカデリー
前の短編見てるのでそれほどときめかなかったけど、キャラがやっぱすごくいいね。満席でしたけど、女性が8〜9割くらいで囲まれてちょっとはずかしかった(笑)。お察しの通り(?)カメを見に行ったんですけどね。
3Dは見る気がしないのでパスした(笑)。

12/18: 荻窪にて

sansaku
◆「もりやすじ原画展・もぐらのアトリエ」ギャラリィ・ゴーシュにて
(~2013年1月16日(29日~1月6日まで正月休み)まで
http://www.anido.com/information/3436
・・・に行ってきた。20数点の原画等展示。カタログやらグッズもあった。もりさんの絵をながめてほっこり。
近くの善福寺川とか散策し、北口のBOOK OFFも物色、外に出たらどんよりした空に風も強く寒いので早々と帰宅。

12/17: 雨やまず

kannana環七上空
青空が見えたような気がしたので出かけたら、小降りの雨が・・・マンガなど読んで一服しながら雨宿り。

12/16: 選挙日和

seiten
心地良い気候に、実りのカキ。何の実。笑う月(実際はもっとニタリ口)。
doyoubi
小雨降るなか誘いがあって、寒かったけど出掛ける。途中、傘をさした母子。傘の大きさ母のほうが小さいのをさしているのが微笑ましい。
中野ブロードウエイでギャラリーを覗く。
◆「LASTEXILE GALLERY vol.2」 
中野「pixiv Zingaro」(中野ブロードウェイ 2F)
開催中(12月13日木)-12月25日(火)12:00 - 19:00  ※水曜定休
http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/lastexile2/
※飛翔感とか結構好きだった「LASTEXILE-銀翼のファム‐」とか中心に、立体や設定・コンテなど展示さてれいました。
その後、友人とお茶などして帰宅時には雨もやんで、寒さもこたえるほどではなかった。
yuuhi
風もなくそんなに寒さも厳しくなかったので、夕方公園にでて日が沈むのを眺めていた。
nogatakouenji
上天気であまり、被写体が見つからない。夕暮れの商店街と公園の藤棚。
今日あたりから月も新月らしく「ふたご座流星群」が多く見られるらしい。
けどまあ、寒いしなあ・・・。

12/12: 浮雲

1212
この雲を見て浮雲という言葉を思い浮かべたんだけれど、浮草というのもあったなあ・・・と。
鉄塔はうまく写っていないけど夕陽にメンテナンス、点検中の人が作業してました。関係ないけど、街を歩くと建設中の家がすごく多い。この時期、税金対策とか何かあるのかな?
1211
吉祥寺にて
◆「安養寺」北口のアーケードを抜けて、古本屋に行くとお休みで、そのまま行くと見かけた。中に入らなかったのですがこんなところにお寺が・・・。少し散策して展示会と映画を見る。
◆『ツノッコ展』山田雨月&hotchoco〜12月24日まで
↓ニコハウス ソーラーギャラリー(コピス吉祥寺)
http://solar-gallery.info/calendar/327020
山田さんは、最初はTシャツ展のときだったか?気になる絵を描かれると思っていたので、見に行った。少女漫画家さんだったんですね(最新作は「北のカナリアたち コミック版』の作画)。今回の展示からは想像つかない。おふたりとも角っ子というより「きのっこ」って感じでしたが。近くにお寄りの方が覗いてみるのをおすすめします。
◆『砂漠でサーモン・フィッシング』ラッセ・ハルストレム監督(米2011)
吉祥寺バウスシアターにて。フォーサイスの『ローカル・ヒーロー』のような話かと思って見たかった。それほど遠くない作品ではないでしょうか。劇場にいる時は楽しめるけれど内容を忘れてしまうアクション、深刻過ぎるアート映画じゃないものが最近は観たい。若く無いですから(笑)。ちょっと甘い感じがしましたがハルストレムらしい気持ちのいい作りで面白かったです。今、このイエメンの大富豪のような人が必要かもしれないね。オススメ。お客3・4人しかいなかったけど。
hizasi
快晴、陽射しがコートを脱がせる。幼稚園のクラスが走り回っている。
誰かが凧あげしている。平日の公園もけっこう賑やか。

12/10: お伽の国

bideo
前にも紹介したけれど『懐かしのTV番組「ディズニーランド」特別保存版』ビデオ。
昔『ディズニーランド』というこのテレビ番組を楽しみにしていた。
「未来の国」「お伽の国」「冒険の国」「開拓の国」と4つの国に分かれていて、それぞれの内容にあった作品を放送していた(特に「未来の国」が好きだったけれどあまり放映がなかったような気がする)。
このビデオ3本セットには、各国?の話が都合6本収録。その中の「お伽の国」を見た。「ドナルドダックの1日」(サウンドスタッフ中心の内容)「漫画の魔術」(無機物を動かすアニメートがテーマ)という2本で技術紹介と実例の既成アニメ『メイク・マイン・ミュージック』『メロディ・タイム』の中から「小型クーペのスージー」とかを組み合わせた番組になっていた。
この番組で見た鳩レースの話とか、また見てみたいな。
※同梱の資料によれば「ディズニーランド」は日本では1958年8月29日 - 1972年4月30日まで放送とか。
 nitiyou
天気に誘われいつもの公園へ。
シートを敷いてピクニックの家族、キャッチボールの親子、フリスビーを飛ばす子どもたち、ジョギングをする人歩く人・・・。
この頃、陽射しのあり暖かでしたが、散策帰りの夕方には風が冷たく早々帰宅。
book
かってよく古本屋巡りをしたものですが、この手の昔の本は作品作りの資料のつもりで買ったものですが・・・役に立っていませんね(笑)。
◆洋書「陶器と磁器のマークとモノグラムのハンドブック?」初版1874年,新版1898年ということです。
◆『婦女界(12月号)』(婦女界社1927年)
ページマンガは載ってませんね。挿絵風の「漫画小説」(岡本一平)というのは載っている。広告では四コマがいくつか使われていた。
※挿絵は「婦女界」1929年8月号より高畠華宵と岩田専太郎。
◆『映画時代(5月号)』(文藝春秋社1929年)日本ではまだ活弁の時代ですね(日本初のトーキー映画は1931年とか)。
※封切り広告。『メトロポリス』は1926年(大正15年/昭和元年)制作で日本では1929年4月3日から当時の七大都市で〈八大代表常設館に於いて全日本縦断封切を断行す〉・・・だったようです。
manga
昔の本が出てきた。
◆『少年画報(3月号)』(少年画報1952)1950年に『少年画報』と改題(創刊?)
この本は丁度僕が生まれた頃発行されてます。当然、当時読んでいません。40年ほど前に「サンデー」と共に古本屋さんの友人に頂戴したものです。『漫画少年』は貰えなかった(笑)。画報というだけあって、絵物語、挿絵ものが中心。マンガは手塚「サボテン君」益子かつみ、南ひろし、ツヅキ敏三、伊藤隆夫、福井英一他で1pから4pの連載。
◆『観察絵本 よいこのくに(第八集)』(学習研究社1952)
12月なのでついでの一冊。マンガではなく絵本ですが幼児に見せてテストする企画つき。画家は初山滋、武井武雄、ほか
◆『週刊少年サンデー(No.30)』(小学館1959)
1959年(昭和34年)3月17日に創刊されたそうで僕が7歳の誕生日(「週刊少年マガジン」も同じだけど)。それがどうした、ですけどね。
全112ページの中綴じの本ですが、マンガは、手塚「Oマン」藤子「海の王子」寺田「スポーツマン金太郎」益子かつみ(原案/摩周貴)「怪球Xあらわる!!」の4本で計36pであとは1pマンガとか読み物で3分の1。「少年画報」に比較すれば随分多くなっている。当時、週刊少年マンガ誌ってあまり読んでいない。『ジャンプ』の創刊当たりからか、ずっと月刊誌を読んでいた。「少年画報」「少年」「まんが王」「冒険王」・・・
raberu表と裏
「吐夢」(阿佐ヶ谷北口)/「DONGARA」(阿佐ヶ谷南口)永島慎二さんのデザインでもらってきただけで店に行っていないような・・・。
「HOUSE」(東林間)昔、髙橋葉介氏の手伝いで通ってた頃入った店でしょうか。コーヒー&ランチの店。及川正道さんのイラストですね。
「大新堂書店」(中野)古書店。今はもう無いだろうな・・・。
「日本航空」僕は飛行機乗ったことがないので、乗った人に頂いたのでしょう。よく見えないけど鶴のマークがデザインされてます。飛行機っていつまで喫煙できたんだっけ。
「珈琲亭 七つ森」(高円寺南)左のデザインは今も使ってるような・・・。
laberu表と裏
今の喫煙環境を見れば、喫茶店等マッチ箱って置かれていないんだろうと思うけれど(たばこをの吸える店にはありそうだけど)、昔はマッチのラベル集めなんてこともあったと思う。
喫茶店中心になるけれど、もう存在しない店のものです。
「CRESCENT」(中野南口)「ビアズレー」(中野北口)はジャズ喫茶だと思うけれど、そんなに通ったわけでもないので、あまり記憶が・・・。普通の喫茶店「喫茶アディス」はブロードウェイ3階にあった(タコシェかレコミンツあたり)。友人がカウンターにいたのでよく行った。「茶房中野伯剌西爾」(中野北口)コーヒー専門店。
かって、お茶するのによく行ったのは「トゥモロウ」(中野北口)とか、初めて中野に来る人とかには名物ということで「クラシック」(中野北口)とか、サークルの集会は「カルマ」(中野北口ここは今も昔も無国籍料理で人気店)とかでしたね・・・。
exoticアルバム「風にまかせて」アーサー・ライマン
気分を変えてエキゾティックサウンド。でも今の気候にはやはり寒さが強力でテレポートできない(笑)ですねやっぱ。マーティン・デニーのグループにいたようで、似た感じのサウンドで案外違いが分からなかったりして、でもいいですね。

12/05: 秋の実

kaki
柿と・・・何でしょうね。
久しぶりの晴れの時間が長かったそうな、夕方には曇ってしまった。気温は平年とか散策しやすい。

12/04: 青空1204

ameagari
久しぶりに澄んだ青空と出会えたような・・・。
gozentyuu
いつもと違う通りを歩いてみた。
tezuka『手塚理美 全撮影篠山紀信 四色の花火』(1982)LD
篠山紀信さんの誕生日ということで思い出したのがこれ。写真をカメラ視点移動して音楽をかぶせた動画写真集とでも言うもの。
なかなか良い作品ですけれど、寒さのせいだろうかLDプレーヤーの調子が悪くなって、見られなくなってしまった。どうしよう。
今日は1月半ばの気温らしいけれど、なんか、暑さ寒さも平年通りの日が少ないなあ。心地良い方向じゃなくて。
kiku
今日は曇り空、4時半頃というのに、随分くらい。暗い中で目立つのはやはりこの黄色なのか。お前の名前はキク・・・科だね。

12/02: MGM100

カテゴリー:お知らせ
投稿者: ruten
0127
◎創作漫画同人誌即売会 『MGM100』
http://mgm-stuffroom.droppages.com/
◆板橋区立グリーンホール1階ホールにて開催
◆日時 2013年1月27日(日) 11時~15時30分
◆場所 板橋区立グリーンホール1階ホール
http://mgm-stuffroom.droppages.com/%E4%BC%9A%E5%A0%B4
※申し込みは終了かな。60サークル程集まったそうですよ。
※参加しますが新刊は無いです。すいません。

★無事閉会しました。皆様、お疲れ様でした〜。
■《コミックマーケット83》〔終了しました)
西地区〈ほ〉ブロック-30a
2003
※新刊ないのでBNをみつくろって持っていきます。
よろしく。

★寒い中お疲れ様でした。(るてん)

12/01: 黄色い花

yoru夜10時頃
晴れてよかったけれど、今日は寒うございました。冷え冷え。う〜。寒くないか黄色い花よ。お前の名前はなんという?
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。