Archives

You are currently viewing archive for September 2010
desu
◆「もののけ草紙」参。高橋葉介(ぶんか社2010)
夢幻くんが出てくると空気が変わりますね。さすが大物役者。掲載誌『ホラーM』がデジタル配信へ移行。9月下旬に始動ということですが、さて。
◆「昭和漫画大全別巻-昭和少女漫画作品選集-」《第三集》千明初美・もとやま礼子・二宮青・松本るい(アップルBOXクリエート2010)
復刻本です。裏表紙には2009/冬になってますけど、出版が遅れたんですね。出版事情はあるんでしょうが、この4名で3冊出てるわけで、ここまで同じメンバーで並ぶと個人作品集にしたほうが良いのではとちょっと思った。
◆「ハッピーエンドで始めよう」#1本山理咲(芳文社2010)
デビュー20年目の初単行本,《天国に行く前に7日間だけ自由な時間をもらえたら(帯より)》猫になってこれまでのこと振り返ったり・・・のエピソード集。猫になって人間をみるというのはかわいくていいですね。でも結構大人なお話だと思いました。
fusako「花に染む」1巻 くらもちふさこ(集英社2010)
「コーラス」10月号(集英社2010)
くらもちさんのマンガ表現のすごさはもう語る必要もないと思うので、ここは本になった印刷サイズについて。
最近は、雑誌でマンガを読むことが少なくなって単行本で最初に作品に出逢すことが多いのですが、マンガは掲載雑誌サイズで読むべきだろうと思っている。単に老眼が入って小さい文字が読めないというのもあるけど(笑)。微妙な比較だけれど映画館とテレビ画面の迫力の差のような・・・。もちろんマンガ家さんの表現の仕方によるのですが(くらもちさんも縮小されることを意識してる書き方のように思われるし)描き手の意識と印刷物のギャップは少ないほうがいいだろう。最近の単行本の流れが、文庫版に収束していく感じがある。くらもちさんの「天然コケッコー」なんで文庫でしか読めない状態だと思う。出版事情があるだろうしお話を読むだけなら手軽に読めるだろうし読まれてナンボそれはそれでひとつの形だとは思うのだが。
で「花に染む」は「駅から5分」の花染町のお話とクロスオーバーした?弓道を通しての恋(取り敢えず出会い)の話。ちょっとミステリアス,切なさそう、主人公の女の子も個性的な顔つきでいいなあ。

 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。