samurai小学館2010
今、既刊を通して読み返えしたわけではないので、お話的に確たることは言えないのですが、ここまでずっと読み続けられました。とにかく絵に隙がなくしかしゆとりもありで、迫力で繊細。飽きることなく読み終えました。出色の出来だと思います。読み返すのが楽しみです。
この先、松本さんは何処へ行くんだろう。
原作の小説版も小学館文庫で出るそうで絵で入り込んでいる僕としては、さて・・・と思いながらも読んでみようかと。