Archives

You are currently viewing archive for December 2008
◆「ハッピー フューネラル」2001アメリカ・中国 フォン・シャオガン監督。
チャン・ツィイーの「女帝・エンペラー」の監督さんですね。
中国で撮影中の有名なハリウッド映画監督さんが倒れて、監督の意志によりその取り巻きが大往生を祝う喜劇葬式(そういうのが中国にあるらしい)をしようと奮闘するが・・・。結局この映画は監督の女性助手と男性カメラマンの恋物語だったのかな。飽きずに見られました。
◆「キラーズ」2003 きうちがずひろ、大川俊道、辻本貴則、河田秀二、押井守の5人の監督によるオムニバス。
1本20分くらいでしょうか短いのがよかったのか、それぞれにガンをからめたアクション作品でバラエティに富んでて面白かったです。知らない役者さんばかりだったのですがそれも新鮮でよかったような。押井さんはジブりの鈴木敏夫さんを使って遊んでます。
◆「仮面の情事」1991アメリカ ウォルフガング・ペーターゼン監督。
「Uボート」の監督さんですね。このタイトルどうかなあと思ってしまう。ネタばれっぽい気が・・・。事故でけがをした男は記憶をなくし・・・ヒチコックっぽいサスペンスな内容だと思いました。オチみて、前テレビで見たことがあるような記憶があり驚くほどではなかったけど楽しめました。

他にも、「ゴーストシステム」(オリジナルビデオ)「GUNCRAZY 4」「
君を見つけた25時」とかも見たんですけど・・・これまでこれといって大推薦という作品ともあまり出会わないので、このへんで安売りビデオ買いはやめようと思います。
でも、昔見て面白かった映画をDVDでつい買って(買いなおして)しまってそのままになってる作品がたくさんあるので見返してみようと思います。
コミックマーケット75に参加します。
東地区“ヤ”ブロック-59a
お待ちしております。

終了しました。来てくださったまたお買い上げくださった皆様ありがとうございました!本の感想などもお待ちしております!
余裕がないと眠くなったりして何度にもわけて見たりする。以下2作はそんな感じで見終わるのに時間がかかった。
◆「キング・イズ・アライブ」2000アメリカ・スエーデン・デンマーク クリスチャン・レヴリング監督。
移動中のバスが砂漠で迷子になって廃虚で孤立する遭難もの。いかに生きぬくかというののです。
◆「フォーエバー」1992アメリカ トーマス・パルマー・ジュニア監督。
昔の映写機を回すとフィルムから昔の俳優とか実体化して現れる。その出てきた女優さんとMTV監督とのラヴストーリー。ファンタジーといっても、子供向けって感じでもないし、なんとも、納得しがたい(笑)。
◆「ザ・コンヴェント」2000 アメリカ マイク・メンデス監督。
これもTVでみてた。DVDでは“死・霊・復・活”とサブタイトルがついてるみたいですがそのほうが内容が解りやすいですね。B級スプラッタードタバタゾンビもので、快作といった感じでした。

12/07: ヒロイン

◆「犯人(ホシ)に願いを」1995 細野辰興監督。中山忍は「平成ガメラ」以来ファンであります。この映画知りませんでした。えん罪を中山忍に強要する刑事2人の話。それでおかしくなっていく中山忍、えん罪が発覚してどたばたする刑事たち・・・。
◆「泥だらけの純情」1963中平 康監督。吉永小百合は今も昔も美しさが変わらないですねー。チンピラとお嬢様との身分差?恋物語です。愛は不幸の原動力ですね(笑)。
◆「GUN CRAZY3」2003室賀厚監督。中根かすみ+大谷みつほ。この「ガンクレージー」シリーズはグラビア系とかそういった方?がヒロイン主演でガンファイトアクションしてます。頑張ってるなあとは思いますが香港映画とかにはかなわないですねやっぱ。

12/06: 少年少女

◆「サンドロット」1993アメリカ デビッド・ミッキー・エバンス監督。
TVで見たことありました。1962年大リーグ全盛の時代。草野球をする少年たちの広場の塀の隣には凶暴な怪物?が、大切なボールが塀の中に、取り換えそうと悪戦苦闘のジュブナイルグラフィティ。オリジナルビデオで2作程作られたようです。
◆「リメンバー・エイプフル」1999アメリカ ボブ・クラーク監督。
1942年真珠湾攻撃の翌年、カルフォルニア沿岸。日本の水兵がたどりつき、少年たちがかくまう話。この時代敵国日本人がアメリカ国籍にも限らず収容所に送られた話は聞きますが、からめてそういった事情が描かれそういうところ面白かったです。
◆「ピッピの宝島」1970ドイツ・スエーデン合作 オルレ・へルボン監督。
「長くつ下のピッピ」シリーズ(映画4作品あるみたい)。リンドグレーンの児童文学原作ですね。ですから児童映画ですのでで御家族でどうぞといった感じ。原作読んでないので知らなかったけどピッピってスーパー・ガールだったんですね。吹き替えがキャロライン洋子だった。同じ原作者の「やかまし村の子どもたち」(監督ラッセ・ハルストレム)は僕でも面白くみたような・・・。
またもフリーズ!画像だけでごかんべん・・・うう。
eiga
フリーズしてせっかく時間かけて書いた文章が消えたので、新たに書く気力もなくなったので、画像だけですいません。想像してみて下さい(笑)。
bideo
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。