Archives

You are currently viewing archive for October 2007
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
◆ポール・オースター「偶然の音楽」(新潮社)・・・安値で見つけたので。
◆雑誌「Coyote 」No.21(スイッチ・パブリッシング)・・・柴田元幸さんの特集号で加えてポール・オースターの「シティ・オブ・グラス」の柴田・新訳が載っていたので買ってしまった。「偶然の音楽」を読み終えたらオースターの作品古い順に読破をもくろんでます(笑)。オースター・柴田さんの対談面白かったです。
◆石田衣良「池袋ウエストゲードパーク」(文春文庫)・・・この作品はミステリーだったんですね。それで読んでみようと思った。

「拳銃猿」(ハヤカワ・ミステリ文庫)ヴィクター・ギシュラー、と言う本をよ見始めていたんですけど、「偶然の音楽」を並行して読み始めたら
内容を混同しそうなので、日本の小説に選び直しました(笑)。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
◆「月と菓子パン」石田千(新潮文庫)・・・ヤマダさんおすすめということで見つけてしまいましたので買いました(笑)。
◆「夜のピクニック」恩田陸(新潮社)・・・ついに!?読みます。最近、小説家に限らずですが、名前だけでは男性か女性か良く解らないことが多いですね。まあ、人のことは言えませんが・・・。
◆「土星マンション1」岩岡ヒサエ(IKKICOMIX〜小学館)・・・団地の話が出てたからってわけじゃないですけど・・・マンションものです(笑)。岩岡さんは同人誌(個人誌)で見知っていた方なんですけど、ご活躍ですね。
コミティア82に参加します。
スペースは
せ25b
です。東京ビッグサイト東1ホールです。同日西ホールではデザインフェスタも行われているようです。そちらに行かれる方もぜひ足をお運びください。新刊着々(?)準備中!

終了しました。来てくださったまたお買い上げくださった皆様ありがとうございました!本の感想などもお待ちしております!
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
◆「マンガ表現学」竹内オサム(筑摩書房)・・・最近のマンガが読めなくって(メジャーなマンガ誌読んでないこともあるかな)、どうしてかなあ?とおもってこの本読んでみました。中に《捨て駒》が多く、だらだら引き伸ばしているという文面がありましたけど、そういうこともあるだろうと思いましたが、誰がしゃべってるか解らないふきだしとか、絵そのものに何が描いてるか解らなかったりそんなことにひっかかって読めなかったりします。読むパワーがなくなって来てるといえばそうかもなぁと思うけど。
この本はマンガ表現の歴史みたいなものですから昔のマンガ作品の引用が多く(主に手塚)今のマンガについて、アメコミとか少女マンガとかの表現も比較分析していただけたらと思いました。
◆「春になったら莓を摘みに」梨木香歩(新潮社)・・・読み始めた所ですけど、エッセイなんですね。作者の英国滞在記?
◆「闇をつかむ男」トマス・H・クック(文春文庫)・・・ミステリーが読みたくなって「ハイペリオンの没落」をほっぽといて(実は下巻が見つからない〜笑)この本を読み始めた。帯の「せつない!」にひかれまして・・・。
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。