古書市にて。
kon
◆『かっぱ天国(第一集)』清水崑(東峰書房1955)カバー欠だけどない方がおしゃれ?
A5判を横にしたサイズで左右ページに1ページ分を分載。結果、右上から右下へそして左へ読み進みかたち(8コマ〜10コマでひとつのオチ)。雑誌掲載時は、右に4コマの縦読みで左へ読み進む1p連載だったと思う(昔の掲載誌「週刊朝日」で確認せねば)。印象はちょっと慣れないけれど、コマのサイズが大きく絵を堪能できてとてもいいい(背景がきちんと描かれている)。