gekijyou
久し振りに見た映画は名画座で・・・。
◆『フェリーニのアマルコルド』フェデリコ・フェリーニ監督(1974)※(4K修復版)
早稲田松竹でフェリーニの「カサノバ」と2本立て。昔も名画座で3本立てとかのフェリーニ特集とかで見たと思う。最近は長時間イスに座っているのがきつくなってきていて「アマルコルド」を見る。と入っても名画座、指定席でも入れ替え制ではないし途中からも入れる(「カサノバ」の終盤30分位も見ました。)。
久し振りの早稲田松竹でしたが、自分的には馴染む感じでした。
映画は、見てるうちに登場人物たちの顔やら思い出してきました。それだけ、キャラの出来上がっていた人たちが登場し見ていてほんとうに楽しい。ニーノ・ロータの音楽はやはり素晴らしいなぁ。
当時のパンフレットと劇場に飾ってあった、「アマルコルド」のフェリーニのイメージ画。
ちなみに「アマルコルド」というのは、フェリーニの故郷リミニの方言で〈エム・エルコルド/私は覚えている〉と言う死語だそうです(パンフより)。