tom
◆『レジェンド/光と闇の伝説』リドリー・スコット監督 (英/米1985)
環境的に英国版も、長尺版も見られないので、仕方なく(^_^;)米国版を見返してみました。
若きトム・クルーズ、お姫さまにお似合いなミア・サラ。オールセットだったかな作られたCG多用でない舞台世界はファンタジーにあっているように思った。
まあ、いわくつきの映画なので、あんまりオススメというわけにはいかないかもしれないけれど・・・。
映像は楽しめると思うし、音響も臨場感あって良かったと思う。当時サラウンドとか言って、スピーカーを幾つか並べて見た(聞いた)ものです。これとか「ブレードランナー」でレーザーディスクの時代です。