昨日と同じコース(^_^;)同じ講談社の絵本シリーズ。
hasegawa
◆『講談社の絵本 クジラノタビ』(講談社1942/4/5=昭和17年)メインの「クジラノタビ」(文・久米元一/画・藤沢龍雄)は子クジラが世界一周?する成長物語でしたけれど(真珠湾の数カ月後、戦中の本。日本の戦闘機を見つけその立派さを褒めるシーンが有る)、
併載されていた絵物語に長谷川町子さんの絵があった。
◆「リス ノ オバサン」(文・森重和子/絵・長谷川町子)4p。
(他に中野正治、林 勝世・・・欠落本なので後は未確認)
長谷川町子さんについては研究所も読んでいないし4コマもの的なものしか知らなくて、この挿絵の絵は新鮮。先日、長谷川町子って絵が旨いんだよねってか岩をしたところだったんで、これみて納得した。この手の絵ももっと見たいですけれど、この絵本シリーズの描かれているのかな・・・。
お話はいたってシンプル、果物の店を開いたリスのオバサンのところに、ウサギとたぬきとキツネが買い物に来て、売り切れた所で迷子のコバトがやってきて親のところに送り届け感謝されるというもの。