tokikake
外はマイナス温度が続き、部屋にこもり気味、ならば、TVシリーズでも・・・と時間をかけて見返したのは・・・
◆『時空刑事1973 LIFE ON MARS』(2006~2007)
タイムスリップ系のお話が好きで、そうと知れば見てしまう。
いかにしてタイムスリップするかは興味の一つ。
タイムマシンを使わないタイムスリップの想像が面白い。
この話は30年前に飛ぶんですが、よくわかりません。30年前にその理由があるのでは・・・と。タイムスリップものなんて山のようにあるので特に語ることもないのですが、刑事物として面白い(1973年の知識がないのが残念だけれどその当時のことが少しは分かる。
(続編〜スピン・オフ?〜も作られた)
評判が良かったようで、アメリカでのリメークされた。
◇「ニューヨーク1973/LIFE ON MARS」(2008~2009)
ハーヴェイ・カイテルが出てるので見てみたいな。

個人的に面白かったのは、1973年ということでしょうか。70年台は20代ということで一番色々なことを吸収していた時代だった(楽書館も1973年からだしね(^_^;))ので興味の対象が理解しやすい(音楽とか)。
日本でもこういうの作らないのかな、とおもったら。
◇「時をかける少女」谷口正晃監督(2010)※今、GyaO!にて無料配信中
が、このシチュエーションに似てますね。
1972年に行くつもりが1974年に飛んでしまうタイムスリップもの。
ちょっと作りすぎたような1974年だけれど面白く見ました。(大林監督の「時かけ」見ておいたほうがいいかと思うけれど)