ren
◆『スター・ウォーズ 特別編/STAR WARS エピソードIV - A NEW HOPE』 ジョージ・ルーカス監督(1997)※1977年の修復追加?版。
字幕で見るべきところ吹き替えで見てみました(気にならなかった)。
ストーリー展開はシンプルで世界もわかりやすくていいですね。スター・ウォーズはこの最初の公開作が一番好きなはずですが・・・案外他も見返してみると気持ちが変わるかも。
◆『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ジョージ・ルーカス監督(2005)
ルークとレイア姫の誕生が気になって「SW-Ⅲ」も見始めたら新鮮な気持ちで見終えました(「SW」の中で一番見ていないせいか)。確かに「SW-Ⅳ」につなげるストーリーで無理もあるような気もしたけれどハデハデで細やかでこれはこれで楽しめました。ルーカス監督作品は好きなようだ。

そろそろ、新作「SW-8」も見に行かねばなー、前作「SW-7」のあの癇癪が好きだったカイロ・レンは今回評判がいいみたいだし。