gekkan
◆月刊『平凡』11月号/第十巻第十一号(合資会凡人社1954)
表紙は江利チエミさん。
〈歌と映画の娯楽雑誌〉と謳っています。映画に関する記事多いです。
※挟まっていたのが、愛読者割引優待券。〈「平凡」120万部突破記念〉ということらしい・・・。この時期「明星」も出てたと思うので共に売れてたんですよね。まだ、テレビ普及する前で、話題は映画とラジオドラマだったりする。
記事は色々ですが・・・『ゴジラ』(一作目)公開の時だけあって、軽いメイキング記事。まだゴジラを怪獣とは言ってないようですね。空想怪奇映画、怪物ゴジラ。
〈新しい「男性美」と「女性美」〉という特集(鼎談)に期待したけれど大したこと無くて、ただ力道山が八百長について話しているのが面白かった。
漫画は「漫画放浪記 てんてん娘」(倉金章介)「平野凡太郎」(秋好馨)「夢みるユメ子さん」(塩田英二郎)など数ページの連載。